空海の生誕地を訪ねて

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_147984109.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_497769009.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_091313621.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_364373670.jpg
香川県の善通寺は、我が敬愛する弘法大師空海の生誕地。

京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ「弘法大師三大霊跡」のひとつで、四国八十八ヶ所霊場の第七十五番札所です。

善通寺には、東院の「伽藍」と西院の「誕生院」があり、総面積約45,000平方メートルの広さで、見所がいろいろと。

シンボルタワー的な存在は、高さ43mの五重塔。

幾度も自然災害や火災にみまわれ、現在は明治35(1902)年に完成した4代目とのこと。

そばには樹齢1200年を超えるパワースポットの大楠が。

悠久の時間を生きてきた姿から、圧倒的な迫力と神々しさが伝わってきます。

善通寺の御本尊は、金堂の薬師如来坐像。

創建当初は、弘法大師自らが作ったと伝えられる粘土の塑像でしたが、戦火で破損した部分を集め、現在の尊像の胎内仏として祀られているとのこと。

ローソクの揺らめく光の中で、金色に輝く薬師如来の荘厳さに、すっかり魅せられました。

それにしても空海の多彩な才能には驚きます。

仏教だけにとどまらず、哲学・芸術・教育・土木技術等々に卓越した能力を発揮して。

南方熊楠と並び、まさに日本が誇る「本物の天才」でしょう。

四国の旅の締めくくりは、やっぱり本場の「讃岐うどん」。

昼少し前に、常に人気ランキング上位の「山下うどん」へ。

名物の「ぶっかけうどん」に、イカとカボチャの天ぷらを注文。

安くて早くてうまいとの評判に違わず、お薦めできるお店でした。

幸福の黄色いお守り

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_755168553.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_400427203.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_980506731.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_316348154.jpg
せっかくの四国なので、前から是非行って見たかった場所に。

先ずは、江戸の昔から「こんぴらさん」の愛称で親しまれてきた香川県の金刀比羅宮。

子供の頃、好物だった「きんぴら」と「こんぴら」を混同した思い出が。

ちなみにこの名前の由来は、サンスクリット語の「クンビーラ」(ガンジス川に住むワニが神格化されたもの)とのこと。

参道入口から御本宮まで石段の数は785段もあって、内心では途中で引き返すかもと思いながら出発。

ビルの階段なら24段を一階とすると、33階相当の高さに。

途中途中の平坦な所で一休みしたり、景色を楽しんだりしながら、意外にも楽に登りきれました。

幸いの晴天下、海抜251mの展望台から見渡す讃岐平野の向こうに讃岐富士の姿が。

大物主神と崇徳天皇を祀る御本宮にお参りし、欲しかった「幸福の黄色いお守り」を手に入れて大満足。

健脚の方なら、さらに1,368段まで登った奥宮まで足を伸ばすようですが、時間の関係で一気に下山して。

途中、「かご屋」に運んでもらうお年寄りに出会ったり、境内で唯一営業を許されている「五人百姓」のお店の方からべっこう飴をいただいたり、森の中にある資生堂パーラーの「神椿」を覗いてみたり。

確かに、一生に一度はお参りする価値ありの金刀比羅宮でした。

善通寺と讃岐うどんの話は次回に。

後日談ですが、その後しばらく太腿に張りを感じて。
そうか!足にくるのは「登り」より「下り」なのだと実感した次第です。

「修行が足りぬ」と痛感

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_909172726.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_047137916.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_837128795.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_191127457.jpg
徳島県吉野川で開催中の「アワガミ国際ミニプリント展」に行ってきました。

高松空港からレンタカーで1時間程のドライブで、阿波和紙伝統産業会館に到着。

奈良時代から千三百年続いてきた伝統を継承・啓蒙する場として、館内では手漉き和紙作りの実演も。

先ずはお目当ての入賞・入選作品の展示室を見て回り、「Kingfisher on Lotus」にご対面。

別館の2会場には、1600点の応募全作品が展示されており、興味深く鑑賞させてもらいました。

何と日本からの応募は約半数で、残りは「世界の60カ国」から。

制作技法も木版画、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーン、デジタルプリントまで多種多様。

作家それぞれの個性的な表現で、押し並べてレベルが高いことに驚き。

こんな作品に囲まれて、よくぞ入選できたものだと感じ入り、まだまだ「修行が足りぬ」と痛感した次第。

初めての公募展参加でしたが、貴重な「学びの機会」となりました。

当日の宿泊は、香川県の琴平温泉。

翌日は、江戸の昔から「一生に一度はお参りしたい場所」と言われてきた金刀比羅宮と「弘法大師空海の生誕地」の善通寺へ。
次回のブログで紹介します。

生命力が宿る作品

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/10/header20191021080713_089560839.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/10/header20191021080713_887392177.jpg
原画を描き、版木を彫り、和紙に摺る工程を経て、木版画は出来上がります。

一方向に進む直線的な流れ作業のようですが、実際には「行きつ戻りつ」の繰り返して。

作品を摺りながら、納得がいくまで原画の色合いを変えたり、版木の彫りを微修正したり。

これができるのは、全工程を自分一人が「自画・自刻・自摺」する方法だから。

浮世絵時代の伝統は、絵師と彫師と摺師の完全な分業システム。

家造りに例えれば、設計士や大工や鳶職人のように、それぞれが固有の専門能力を活かして協業するやり方。

モノ作りのプロセスなら単能工型と多能工型、どちらを選択するかの違い。

木版画の世界でも明治末期から昭和初期に「創作版画」を目指した人々が。

従来の複製技術重視を見直し、「自画・自刻・自摺」による版画表現で、美術の一ジャンルとして認知されることを目的とした運動です。

「創作版画」を志した代表的なアーティストは山本鼎や恩地孝四郎ですが、かの竹久夢二もその一人。

思うに、どんな手法やテクニックを用いようと、大切なのは「生命力の宿った作品」が産み出されることなのでしょうか。

金木犀の香り漂う季節を迎えて、庭のハナミズキも色づき始めました。

「Something new」を探して

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/10/header20191011175820_602965375.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/10/header20191011175820_910083248.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/10/header20191011175820_347396201.jpg
待ちに待ったノーベル化学賞受賞の吉野彰さん、おめでとうございます。

旭化成時代、愛煙家の吉野さんとは喫煙スペースで時折ご一緒し、他愛もない雑談をさせてもらいました。

彼の言葉に「ムダなことを沢山しないと新しいことは生まれてこない」と。

科学の世界だけではなく、アートの世界でも同じようです。

直感を信じて仮説を立て、試行錯誤を繰り返しながら「Something new」を探し出すプロセスは一緒。

私の木版画作りにおいても毎回、ムダに終わるかも知れない「新しい試み」を続けています。

制作中の「Kingfisher in Autumn」では、「彫り進み法」に挑戦。

一枚の版木を使って、彫りと摺りを順次繰り返す技法です。

メリットは、別々に彫れば複数枚が必要な所を一枚に省け、さらには同じ版木なので図柄にズレが生じないこと。

デメリットは、彫り進んでしまうため、元の版木に後戻りできないこと。

今回は富士山とハナミズキの枝と二ヶ所で試みました。

アップした写真は、富士山の雪渓を「三段階の濃淡」で表現したものです。

樹木の枝では、微妙な「光の陰影」にトライしてみます。

明日土曜日は、台風19号が関東を直撃。被害が少なく無事に通り過ぎますように。

「葉っぱの色」にこだわって

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/09/header20190929161804_898844182.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/09/header20190929162007_476778319.jpg
カワセミシリーズ4部作の最終作品「Kingfisher in Autumn」(副題「秋色のどか」)は、摺りの工程に入りました。

ここ数週間、色彩の選択と組み合わせに試行錯誤を繰り返す毎日です。
主役のカワセミと富士山のイメージは出来上がったのですが、実は「紅葉の色合い」に思い悩み続けて。

一口に紅葉と言っても、イエロー系・レッド系・ブラウン系と様々な上に、葉っぱの表面と裏面でも微妙な違いが。

ほんの些細なことに思われるでしょうが、それがアートに向き合う者の「こだわり」なのかも知れません。

明後日からはや10月。半ばを過ぎると上高地や奥日光の紅葉が見頃を迎えます。

エメラルドグリーンの湖を背景にして、どんな秋色の紅葉が映えるのか、しばらく「色と遊ぶ日々」が続きそうです。

国際ミニプリント展で入選作品に

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/09/header20190906095649_791895070.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/09/header20190906095649_242363206.jpg
アブダビ展覧会(10月開催)を前に、作品の評価イメージを知る試みで国内公募展に応募してみました。

日本の伝統文化に根ざした手漉き和紙のグローバル化を目的に、阿波和紙伝統産業会館が主催する「アワガミ国際ミニプリント展」です。

2013年から2年に一度開催で4回目の今年は、世界61カ国より1193名の応募があり、作品総数は約1628点とのこと。

昨日、審査結果の発表があり、「穏やかな朝」(Kingfisher on Lotus)は入選作品に選ばれました。

欧米やアジア諸国、日本各地のアーティストが集う初めての公募展で、幸いにも入賞できたことを素直に喜んでいます。

入賞作品は、阿波和紙伝統産業会館で一堂に展示されるとのこと。

展示期間は10月初めから一カ月あるので、徳島観光も兼ねて行ってみようかと思っています。

次の作品は「煌めく秋に」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/06/header20190619161246_150350324.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/06/header20190619161246_286758406.jpg
「Kingfisher on Lotus」(サブタイトルは「穏やかな朝」)の額縁は、ターコイズブルーに決めました。

作品の「表現する世界」が、より「外縁に拡がって行く」ように感じられるので。

アブダビ展覧会の鑑賞者から、どんな評価をいただけるのか、楽しみです。

今秋の完成を目指して、カワセミ四部作の最終作品の制作に取り掛かりました。

カワセミとの組み合わせは、霊峰富士山とハナミズキの紅葉。

初の試みとして、「金色の絵の具」を使って見ようかと。

まだ原画の段階ですが、早くもタイトルが浮かんできて。

作品イメージを規定するので、ネーミングは意外と大事。

「Kingfisher in Autumn」は決まりですが、副題をあれこれと。

目下の第一候補、「煌めく秋に」は、制作の途中で変わるかもしれません。

額縁二択をあれこれと

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/06/header20190601112843_596145910.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/06/header20190601112843_218678196.jpg
「Kingfisher on Lotus」(副題「穏やかな朝」)の額縁の選定に、あれやこれやと。

第一候補は、越後産天然桐(焼き加工仕上げ)のセピア。
自然の風合いや木目が美しく、日本的な「木の文化」を感じさせる落ち着いたイメージで。

第二候補は、やはり越後産天然桐のターコイズブルー。
こちらは一転、明るく軽やかな雰囲気が醸し出されて。

(注文生産のため手元に届くのは6月中旬。従って掲載写真は合成イメージです。)

この二択は、個々人のお好みや、飾る場所次第で、評価が分かれそうですね。

6月末のアブダビ展覧会への発送期限に間に合うように、ターコイズブルーの到着後、両者を見較べてから決めましょう。

並行して、既に次の作品を構想中。
出来上がりは秋。その季節に合わせて、秋色に包まれたカワセミのイメージで。

美しい紅葉の樹木はハナミズキを選び、背景には世界文化遺産の霊峰富士山を。

この作品でカワセミ4部作も一区切り。
その先には「Great Blue Heron」(アオサギ)が、首を長くして待ってくれています。

新しい作品の完成

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/05/header20190522153858_198726598.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/05/header20190522153858_578679723.jpg
「Kingfisher on Lotus」(カワセミシリーズ第三作目)が、ようやく出来上がりました。

サブタイトルは「穏やかな朝」。

和紙の乾燥後に、落款印とエディションナンバーと署名で完成。

アブダビ展覧会への出展をイメージした作品です。

ベースカラーは、「イスラム教の聖なる色」とされるグリーン系で。
合わせる青は、モスクで見かける緑がかった「イスラムブルー」。

難しかった表現は、朝靄のたなびく山並みや、淡い蓮の花の「ほんのり感」。

様々な「ぼかし技法」を用いて、試行錯誤を繰り返しました。

彫った版木は24版、摺りの回数は30度の限定30部。

最後の仕上げは、額縁とマットの選定。
どんな材質と色合いを組み合わせようかと思案中。

「越前手漉き和紙」との繋がりで、「越後天然桐の額縁」にしようかと。

後日、額装した作品をアップします。