「侘び寂び」と「Let it be」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_488740555.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_542556082.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_908022397.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_932530036.jpg
青空の朝、我が家の庭先で、犬の散歩中の方から「この綺麗な白い花は何という名前ですか?」と聞かれて。

「利休梅(リキュウバイ)と言い、千利休にちなんだ花のようです」とお答えしました。

豊臣秀吉の逆鱗に触れて切腹した利休の命日は、天正19年(1591年)2月28日(旧暦)。

京都大徳寺の「利休忌」では、新暦の今日3月27日から、千利休を偲ぶ茶会が営まれます。

丁度、この時期に合わせたように咲くことから名付けられたとのこと。

確かに、清楚な白の「控えめな美しさ」は、茶席に似合いそうです。

加えて、樹下を彩る黄色い花との組み合わせが、ナイスなコントラストを。

利休と言えば、「侘び茶」の完成者。

「侘び」とは元来、「思う通りにならない状況を悲しみ、思い煩うこと」でしたが、むしろそれを肯定的に受けとめて、「不足や簡素から生まれる美しさ」の意味に。

対句の「寂び」は、時間の経過とともに朽ちて行く様相の「はかなくも古びた味わいの美しさ」を表して。

両者が溶け合って生まれた「侘び寂び」という言葉は、日本人の美的感覚そのもの。

自然界のあらゆる事物は、常に「未完成」や「不十分」であるとして、それを「あるがままに受け入れよう」という価値観。

昨今、「侘び寂び」が英語でも使われるようで、「Wabi and Sabi」とも。

ふと、あのビートルズの名曲「Let it be」に重なるように思えて。

悩み尽きず心が折れそうな時、立ち現れた女神が囁いた言葉は、「あるがままを受け入れて、素直に生きればいいの」。

しかり!!!
頑張るだけ頑張った後は「自然の成り行き」に委ねるしかないから。

騒然とした世の中、落ち着かない日々が続きますが、「利休梅の白い花」を眺めて、そんなことを思い起こした一日でした。

「自粛ライフ」を楽しんで

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_801285650.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_827441289.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_429109838.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_778887451.jpg
春の花々が美しい季節。

いつもならば、入学式や入社式を待つ若者達の笑顔が、街中に溢れているはずなのに‥‥。

目に見えない「微小な存在」が、平凡に暮らす人々の「慎ましい日常」を奪い去ってしまう世の中。

ウンザリの自粛モードが続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

人生、何があっても「環境順応力」こそ大切。

イベントや旅行、ジム通いや飲み会はお預けでも、身近な所に手仕事がいろいろと。

元来、木版画も含む「アート制作」は根気がいる一人作業で、自粛型ワークそのもの。

編み物や刺繍のような趣味を持つ方は、仕事が大いにはかどるのかも。

疲れたら気分転換に、広々とした野外の散歩がナイスです。

海岸や森林の近くにお住まいの方が羨ましいですが、私のお気に入りは江戸川堤防の土手道。

春の花々を楽しみながらの散策のおかげで、毎日の歩行数がかなり増えてきたように。

一説によれば、免疫力と運動は、密接な関係があるとも。

適度なウォーキングは、血液の循環を高めて、ナチュラルキラー細胞を活性化する効果もあるようです。

こんな時こそ、各人各様の知恵と工夫による「自粛ライフ」を楽しんで。

ちなみに4月開催予定だったフランス聖ピエール教会の公募展は延期とのこと。

国境閉鎖や外出禁止令の欧州なので、仕方ないですね。

私の「カワセミ4羽」は、パリの画廊にて巣ごもり待機。

秋頃には収束して、フランスの方々の心を和ませてくれるよう期待しています。

生命体の不思議

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_278578026.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_858529459.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_709222487.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_177256130.jpg
2020年3月3日。今日は「楽しい雛祭り」のはずなのに、祭り気分が盛り上がらない「桃の節句」です。

得体の知れないウイルス騒ぎで、世界中が右往左往。

予定していたイベントも中止になり、ふと思い出した書棚の本を3冊取り出して。

その1は、「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一)。

ウイルスは細胞をもたず、細胞よりずっと小さい。自分でエネルギーを作ったり、タンパク質を合成することもできない。

しかし、ウイルスはいったん他の細胞に寄生すると、宿主細胞の道具を無断借用して、自分自身の遺伝子とそれを格納する殻を複製し、どんどん増えることができる。

やがて宿主細胞を蹴破って一斉に飛び出し、次のターゲットを探す。まるでエイリアンみたいだ。

その2は、「銃・病原菌・鉄」(ジャレド・ダイアモンド)。

アメリカ大陸最大の王国「インカの文明」は何故、スペインの侵略により、かくもあっけなく壊滅したのか。

そこには「文明の利器」たる鉄製の武器と銃、さらには「病原菌」が関与した。

農耕社会の強みは、致命的な伝染病に対する抵抗力を身につけたことだ。

家畜とともに暮らす人々は、動物由来の感染症に対して免疫が発達したが、狩猟や採集で生活する人々にはそのような機会はなかった。

そのため、伝染病が征服者と共に海を渡った際、新大陸の原住民は次々と命を落としていった。

その3は、「人類が知っていることすべての短い歴史」(ビル・ブライソン)。

ウイルスは「悪い知らせに取り巻かれた一個の核酸」に過ぎないが、好適な宿主を得ると、俄然活気づく。

細胞の遺伝物質を乗っ取り、たがが外れたように増殖する破壊力は凄まじい。

ウイルスは、忘れた頃に「新手の姿」で襲ってくる史上最悪の病原菌ですが、その一方でこんな学説も。

我々の根本であるヒトゲノム(人間の遺伝情報)の45%が、「ウイルス」や「ウイルスのようなもの」で構成されている。

例えば、子宮の胎盤形成に必須の遺伝子の一つがウイルス由来のもので、胎盤の機能を進化させる上で重要な役割を果たしていると。

かく言う私自身も長年、ウイルスとの共存生活を送っています。

数年に一度、体内に潜む「帯状疱疹ウイルス」が目覚めると起こる肋骨の痛み。

子供の頃にかかった水ぼうそう(水痘)ウイルスの生き残りで、免疫力が低下するとムクムクと。

厄介な共存者ですが、ある種のウイルスには他の病原体の感染をブロックしてくれるような存在意義もあるらしく。

人知が及ばぬ「生命体の不思議」を感じる今日この頃です。

「奨励賞」を受賞しました。

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200223090144_682783763.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200223090144_059483281.jpg
沈丁花の香りただよう晴天の朝。

昨日、「第24回全国サムホール公募展」がクロージングしました。

全国各地の腕自慢による力作172点が勢揃いし、甲乙つけ難しの感。

来場者投票の結果、幸いにも私の作品が「奨励賞」に選ばれて。

応援いただいた方々に、心から御礼を申し上げます。

昨年10月のアワガミ国際ミニプリント展は版画オンリーでしたが、今回は油絵、水彩画、鉛筆画、パステル画など様々な技法とのコンペ。

日本古来の「木と紙の文化」を受け継ぐ「木版画の美」を評価いただいたことが嬉しくて。

カワセミ3作品のうち、オークションで思いもかけず2点落札。

丹精込めた作品が、お買い上げくださった方の「暮らしの彩り」になれば、作家冥利に尽きます。

出展してよかった思うことがもう一つ。

これがきっかけで、懐かしい方々とお会いできたり、食事を囲んで旧交を温めたり。

受賞の祝賀会までアレンジしてくださる方も現れて。

公募展には「嬉しいおまけ」がついてきました。

さあ次は4月、聖ピエール教会の「第二回アート・サクレ」フェスティバル。

作品4点を航空便で送り、現地の到着待ち。

フランスの方々に、「カワセミ4部作」がどう評価されるかが楽しみです。

正方形の世界

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130257_249385450.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130257_674706360.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130901_223978280.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130901_968765936.jpg
河津桜が咲き始める季節となり、我が家の庭にも紅梅と水仙が彩りを。

さあ来週から有楽町の「全国サムホール公募展」。

続いて4月には、仏サンリス市の聖ピエール教会にて「アート・サクレ」フェスティバルが始まります。

出番を待つカワセミ達も、心を躍らせているようですが、ひとつ不思議に思うことが。

絵画は、一般的に縦長や横長の長方形がメジャーです。

にもかかわらず、「アート・サクレ」は何故、正方形(正四角形)の作品に限定するのだろうか?

キリスト教や西洋史との関係があるのかと調べてみました。

「四角形」は、あらゆる形のなかで最も安定した形態で、「4」は四大元素、四季、四方位、十字架など、キリスト教の「神の国」を構成する数字。

なかでも「正方形」は、究極の完全性を象徴するとのこと。

そう言えば、聖なる都エルサレムの地形は正方形で、バチカン市国の国旗も正方形。

ちなみに、世界で正方形の国旗を持つ国は、バチカンとスイスの二ヶ国だけのようです。

正方形の宗教的意味は、キリスト教以外にも。

古代エジプトのピラミッドの底辺部やイスラム教徒のメッカ巡礼で名高いカアバ神殿。
仏教の曼陀羅図も正方形に描かれています。

正方形の作品限定も、聖ピエール教会ならではの意味を持っているのでしょう。

これがきっかけで、派生したことが二つあって。

次の作品「青鷺シリーズ」は、初めて正方形で制作することに。

加えて今回、「アート・サクレ」に出展する4作品は、すべてエディションナンバー「4」で揃えることにしました。

遠きサンリスの大地に、「四つ葉のクローバー」が見つかりますように!

聖ピエール教会の公募展

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_546855647.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_359767563.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_514140171.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_405600076.jpg
探し求めれば、出会いがある。
ありました!
ベストマッチの海外公募展が。

その展覧会は「アート・サクレ」フェスティバル。
開催地はパリ近郊のサンリス市にある聖ピエール教会、会期は4月18日から26日まで。

第二回目の今回テーマは「源流への道」とのことで、我が作品イメージにピッタリ。

バイオデザイン工房のコンセプトである「いのちの源流」にも重なり合います。

大自然に抱かれた小さな生き物たち。
すべての「いのち」は、つながっている。
「母なる海」へ、「父なる山」へと。

Tiny creatures embraced by the great nature.
All lives are in linkage to Mother Ocean, to Father Mountain.

教会にて、カワセミ四部作のすべてを展示できるのもナイス。

但し、出展条件は「正方形の作品」のみと書かれており、事務局に問い合わせを。

その結果、「正方形の額縁」を用いてマットで調整すれば、長方形の作品でも大丈夫とお聞きして一安心。

最後のハードルは、フランスの主催ギャラリーによる作品審査。

写真を送り、待つこと数日。

幸いにも審査をパスして、出展が決まったことをご報告します。

先達に教えを求めて

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200125133732_030135435.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200125133732_723998857.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200125133732_843570214.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200125133732_878906118.jpg
先日は、帝国ホテルにて旭化成の社友年始式。
吉野彰さんのノーベル化学賞受賞と実業団駅伝4連覇で祝い事が重なり、例年以上の盛り上がりで。

吉野さんとしっかり握手し、ツーショットの記念写真もゲットして大満足の一日でした。

彼の弁に、「ムダなことを沢山しないと新しいことは生まれてこない」と。

木版画制作の過程で、「ああでもない、こうでもない」と繰り返す我が身にとっての「救いの言葉」です。

年明けから作り始めた青鷺シリーズの試行錯誤は、「波打ち際」のイメージ作り。

砂浜に打ち寄せる「細波の泡」と「海水の透明感」の表現方法に難渋しています。

悩んだ時には、先達ならどう描くのかと考えたりも。

川瀬巴水や田中一村の作品を観て、自分なりのヒントが湧いてくることもあります。

教えを求めた時、頭に浮かんでくる方々は、すべて日本画家。

古くは伊藤若冲、東山魁夷、平山郁夫、新しくは千住博、小林範之さん。

自然の美をとらえた「日本的な心象風景」が、自分の感性に重なり合うからでしょう。

制作技法は異なっても、彼らの域に近づけるよう、これからも修行が続きます。

全国サムホール公募展

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200114174420_169272332.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200114174420_773892185.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200114174420_784663865.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/01/header20200114174420_406816924.jpg
カワセミ四部作の完成を機に、公募展に出展します。

国内では、先ず「第24回全国サムホール公募展」(写真参照)に初参加。
出展数の上限から、下記の3点を選びました。

いずれの作品も、支持体は「越前手漉き和紙」、額縁は「越後天然桐材」(ビンテージワイン、インディアンターコイズ、ピスタチオグリーンの三色)を用いて。

各作品のキャプションと副題に加え、「作り手の思い」に重なる短い言葉を添えてみると、こんなイメージに。

「Halcyon in Moonlight」
(22版25度摺、限定25部)

副題「月華の調べ」

月の光が降り注ぐ海辺にて、
波の音を聴きながら。
月と語らい、花と歌う。
ゆったりと流れる至福の時間。

「Kingfisher on Lotus」
(24版30度摺、限定30部)

副題「穏やかな朝 」

朝靄の山並みに、陽が昇る。
蓮の花の香りに包まれた心地よい目覚め。
今日も穏やかな一日が始まる。

「Kingfisher in Autumn」
(23版32度摺、限定15部)

副題「秋色のどか」

富士山麓の湖は、秋色の輝き。
音符みたいな葉っぱたちが、「自然のハーモニー」を奏でる。
散るまでの華やぎは、再び生まれくる命への「希望の賛歌」。

やっぱり言葉にすると、面映ゆいような、おこがましいような。

作品は、作り手の「世界観の投影」ですが、願いはただ一つ。
観る方が何かを感じて、「思い思いの物語」を紡いでもらえれば‥‥。

ちなみにこの公募展は、来場者の投票で受賞対象が決まります。
どの作品に、どれだけ「いいね!」をいただけるかを楽しみに。

次なるチャレンジは、海外の公募展。
できれば四部作のすべてを出展できる企画展があるといいのですが。
探して見つかったら、あらためてお知らせします。

アート世界の「孤高」と「迎合」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20191222114048_329253466.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20191222114048_574537017.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20191222114048_523194908.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20200105122325_810648753.jpg
カワセミ4部作が揃ったので、来年は国内外の公募展に出展しようかと準備中です。

展覧会で作家が持ち歩く七つ道具があるそうで、そのひとつが「ポートフォリオ」という「作品集」。

Portfolio(ポートフォリオ)は本来「紙ばさみ」とか「書類入れ」という意味ですが、所謂クリエーターの世界では「自己PR資料」とのこと。

これまでの作品写真とキャプション(タイトル・技法・サイズ・制作年)の記載は勿論ですが、「アーティスト・ステイトメント」やらも求められているようです。

簡単にいえば、作家の「制作意図」や「作品コンセプト」などを言葉で表現したもの。

あれ???
アーティストは「作品がすべて」なので、「作品を観て理解して下さい。言葉で説明することはありません。/したくありません。」のはず。

そもそも、画家や写真家に解説を求めること自体が矛盾しており、もし言葉で表現できるのなら、ビジュアルアーティストよりも文筆家になればいいので。

アートを審査・評価する方々(特に海外)は、作者が何故にその作品を創ろうとしたのか、何を表現したかったのかを明確に伝える文章を重視します。

それによって、創る人と観る人との距離を縮め、理解の奥行きが深まると。

確かにそうかも知れないと思いつつも、「言葉に頼ること」への抵抗感が残ります。

私の場合、始めから海外対応もできるように、タイトルを超シンプルな英語にして。
「制作の思い」は、ワンフレーズの副題で補足すればいいかと。

「Halcyon at Sunset」は、「静けき祈り」(Sweet moment of prayer)。

「Halcyon in Moonlight 」は、「月華の調べ」(Talk with moon, Sing with flowers)。

「Kingfisher on Lotus」は、「穏やかな朝」(Peaceful morning with sacred flowers)。

「Kingfisher in Autumn」は、「秋色のどか」(Harmony of autumn colors)。

このワンフレーズが、作品を観る人独自の物語を触発するトリガーになってくれれば、十分なので。

それにしても、アートの世界における「孤高」と「迎合」の関係は、とても興味深いテーマですね。

この年末年始に、掘り下げて考えてみようかと思います。

秋色のメロディ

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20191205104129_651239307.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20191205104129_442194344.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20191205104129_630918804.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/12/header20191205104129_887042165.jpg
「Kingfisher in Autumn」(副題「秋色のどか」)が、ようやく出来上がりました。

秋半ばまでに仕上げたかったのですが、思いのほか時間がかかって。

主役のカワセミと富士山にもまして「秋色の葉っぱ」にこだわって、試行錯誤を繰り返し。

葉の版木は、下地と表面と裏面の3枚で、シンプルに色を置くだけなら3回摺れば済むはずでしたが‥‥。

バイオデザイン風に言えば、落葉樹の葉色は、クロロフィル(緑)→カロテノイド(黄)→アントシアニン(赤)→タンニン(茶)に移ろうケミストリーの世界。

14枚の葉っぱ一枚ごとに異なる「時間の流れ」と「微妙な色合い」を表現できればと無謀な試みを。

その結果、3×14の42回も摺ることに。

されど人間、追い詰められると「天の啓示」のごときヒラメキが。

いつしか14枚の葉っぱが、「音符のイメージ」に重なり合うように。

作品の通奏低音に、のどかな「秋色のメロディ」が聞こえてくるような気がして。

出来映えはさておき、同系色の様々な組み合わせを試みる実験になったようです。

彫った版木は23枚、摺りは32度(葉はカウント外)、限定部数15部の作品になりました。

後は越前和紙の乾燥後、エディションナンバーと署名を書き、落款を押して完了。

これで「カワセミ4部作」が完成し、来年のどこかで公募展に出展してみようと思います。

次作品の題材は、北米からカリブ海沿岸に生息する「Great Blue Heron」(オオアオサギ)。

古代エジプトにおいて、青鷺は「ベヌウ」と呼ばれ、太陽神信仰に結びついた聖鳥とのこと。

「再生と復活」を象徴する青鷺の姿をどう描くのか、構想をめぐらす年末年始になりそうです。