沖縄、冬の「美ら花」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_553426942.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_215734079.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_794528684.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_670654912.jpg
厳しい寒さに身がすくむこの時節には、またぞろ沖縄が恋しくなって。

地元の方々は、気温20度を切ると寒がって炬燵を出すそうな。

ここ数日、沖縄でも最低気温が10度を下回る予報なので、さぞかし大騒ぎでしょう。

ちなみに沖縄の降雪記録は、過去2回のみ。その2回とも短時間のみぞれが降っただけと。

沖縄と言えば、夏の見所は紺碧の「美ら海」ですが、冬の見所は「美ら花」。

そろそろ北部の寒緋桜が開花し、今月下旬から各地で「桜祭り」が始まる頃に。

今帰仁グスクの「花明かり」、本部八重岳の「ひとあし、お咲きに」と徐々に南下して。

1月末から2月には、北中城村の「ヒマワリ畑」、名護市羽地の「コスモス畑」が満開に。

ハイビスカスやブーゲンビリア、ハナチョウジなど、カラフルな花々が一年中、街中で見られて。

生きているその場所で、その時が来れば咲き、その時が来れば散る。

「花の一生」も、「人の一生」も同じことかも。

せめて咲いている間は、周りに「ぬくもり」をもたらす存在でありたいと。

こんな時だからこそ、沖縄の「美ら花」を思い浮かべて、「心の凍てつき」が少しでも和らぎますように!

「カラダ」と「コトバ」と「ココロ」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201226073251_230454887.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201226073251_336359747.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201226073251_224107401.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201226073251_655720184.jpg
我が家のスイセンが、いつの間にか開花し、庭に彩りを。

買い物がてら江戸川の堤防を歩いてみると、雲に霞んだ富士山が。

冬至も過ぎると少しずつ日が長くなり、「桜の蕾」も膨らみ始めて。

来春のお花見の頃は、世の中どんな様子やら。

今年の漢字には、やっぱり「密」が選ばれて。

流行語大賞にもなった「3密」は、元々は仏教ルーツの言葉から。

弘法大師空海が伝えた「真言密教」には、「三密」の修行が。

仏さまを顕す印を組む「身密」、一心に真言を唱える「口密」、仏さまの境地を観じる「意密」。

私なりの解釈では、「身=カラダ」と「口=コトバ」と「意=ココロ」は繋がっていて。

確かに木版画作りでも、彫りから摺りまでの「作業」(カラダ)、形と色による「表現」(コトバ)、作品に込めた「想い」(ココロ)が一体不可分のように。

さあ!この年末年始は、次作品の構想を練り上げよう。

陽が昇り、「木漏れ日」が降り注ぐ神秘の森。ひとり佇む青鷺に「微かなぬくもり」の恵み。

とかく不条理でままならぬ世の中でも、「神々のご加護」が存在することを信じて。

皆さま、明るく幸せな新年をお迎えください。

「はやぶさ2」とダルマさん

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201206172746_183821108.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201206172746_130366796.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201206172746_106806806.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/12/header20201206172746_485490630.jpg
今朝は、コロナ騒動を吹き飛ばすような明るいニュースが。

「はやぶさ2」が、約6年もの長旅から帰還し、宇宙みやげの「玉手箱」を届けてくれて。

小惑星「リュウグウ」から持ち帰った試料により、太陽系の成り立ちや生命の起源に新たな発見が。

偉業目前の一昨日、JAXAチームリーダーの津田雄一教授が記者会見。

手に汗握る緊張感の中で、思わず笑みが溢れる一コマが。

精緻なプロセス制御を行うJAXA管制室には、何と「ダルマさん」が飾ってあるそうな。

カプセル分離の成功を念じて直前に片目を、無事に回収できた暁にもう片目も入れて、仲間と喜び合いたいと。

数式が詰まった理系脳の持ち主たちが、大願成就を神仏に祈るとは!

いかにも「The日本人」的で、面白いですね。

ちなみに、ダルマの「目入れの順番」をご存知の方は少ないかも。

実は産地によって異なり、高崎や越谷では左目から右目の順番で、白川は逆に右目から左目だそうな。

赤色以外にもカラーダルマがあったり、変わりダルマがあったり。

私の木版画のモチーフである鳥たちも、野鳥ダルマや青鷺ダルマに。

地球の喧騒をよそに、働き者の「はやぶさ2」は、さらに11年かけて別の小惑星探査ミッションに。

新たな旅路もきっと、八百万の神々がお守りくださることでしょう。

次作品の構想づくり

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_615629427.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_266399396.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_587915724.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_935611873.jpg
新作品の「Heron in Flight」(副題「碧き羽音」)を額装してみたら、こんなイメージに。

まずは、お気に入りの越後産天然桐製「インディアンターコイズ」で。

自然由来の木理の美しさに加えて、作品の柔らかな色調とのハーモニーがしっくりきます。

もう一つは、ゴールド系の額縁。

本年2月、有楽町交通会館で開催された「全国サムホール公募展」にて、奨励賞の副賞としていただいたものです。

こちらは、「金箔の砂子」とマッチして、落ち着きのある重厚感が。

いずれにしろ、飾る空間の雰囲気と観る方のお好み次第でしょう。

さあ!今日から、次の作品の構想づくりがスタート。

引き続きアオサギを主役に、木漏れ日が降り注ぐ「神秘の森」を舞台に。

木版画の技法としては、「放射状の淡い光」をどのように表現するかがチャレンジ。

今のところ、表題は「Heron in Forest」(サブタイトル「神降る森」)にしようかと思っています。

新しい作品の完成

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_160568035.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_526441860.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_813085604.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_197619907.jpg
「Heron in Flight」(副題:「碧き羽音」)が、ようやく出来上がりました。

時間がかかった訳は、制作途上だった当初の作品プランを放棄し、最初から作り直したので。

今回の主役は、「Great Blue Heron(オオアオサギ)」で、北米大陸に棲息するペリカン目サギ科の鳥です。

彫った版木は18枚で、基調色を「ピーコックブルー」とし、多様なボカシ技法を使って25度摺り(限定20部)。

試行錯誤を重ねた表現は、海に浮かぶ満月の濃淡、そしてアオサギの翼の光沢と羽毛の柔らかさ。

初めてのチャレンジは、「金箔の砂子」をあしらった技法。

どうせならばと純金箔(24K)を使い、定着剤には膠液を。

翔び立つアオサギの動的な表現を試みて、「羽ばたく音」と「流れる風」をイメージしたものの、果たしてその出来映えは?

最後に落款印を押し、エディションナンバーと作品タイトルを記載して署名すれば、目出たく完成。

どんな額縁が似合うだろうか、あれこれ考えるのも楽しみで。

楮100%の越前手漉き和紙を用いたサムホールサイズ(15.8×22.7cm)の作品ですが、来年、どこかの公募展に出展するつもりです。

「神帰月」のビッグイベント

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201101181551_885589685.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201101181551_118160292.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201101181551_775349983.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201101181551_884703454.jpg
早くも11月で、今年もあと2ヶ月を残すばかり。

11月は、別名「神帰月」と言われて。

前月の10月は、全国各地の八百万の神様たちが、出雲に出払ってしまう「神無月」ですが、今月には帰って来られるということから。

「神帰月」‥‥風情を感じさせる魅力的なネーミングだと思っていたら、やっぱり。

これをそのまま、ブランド名に用いた商品を見つけて。

しぼりたて生原酒「神帰月」(純米吟醸酒)で、蔵元は越後湯沢の白瀧酒造。

日本酒が恋しくなるこの季節に、「養老乃瀧」限定で飲めるそうな。

ところで、この11月は、世界の歴史に刻まれそうな出来事がいろいろと。

間もなく投票のアメリカ大統領選挙から始まり、スイスの国民投票、WHOのコロナ検証独立パネルの中間報告まで、興味津々のイベントが。

白熱の米大統領選挙は、どちらが勝つのか、神のみぞ知る。

今月末のスイス国民投票の論点は画期的で、世界中の注目の的。

スイス本拠の多国籍企業が、海外で「人権侵害」や「環境破壊」に関わった時、責任追求する法律制定の是非を問うもの。

この法律ができると、スイス銀行に秘匿する巨額マネーが、取引停止となる可能性もあり、ブラックな守銭奴たちが炙り出されるかも。

コロナ対応で信用喪失のWHOだから、パネル報告も期待薄と思いきや。

実は、検証調査を主導する共同議長のお二人が、パワフルで頼りになりそう。

ニュージーランドのヘレン・クラーク元首相と、ノーベル平和賞受賞したリベリアのエレン・サーリーフ前大統領。

どんな中間報告が出てくるのか、内心密かに期待して。

「神帰月」‥‥世界の神様たちも、それぞれの国々に戻られて、人々を「正しき道」にお導き下されますように。

秋の夜長、たまには世界のビッグイベントを肴にしながら、日本酒を楽しむのも一興かも。

人を謗るは鴨の味

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/10/header20201015074519_519064002.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/10/header20201015074519_101313881.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/10/header20201015074519_541258958.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/10/header20201015074519_692286706.jpg
秋の季節は、「真っ赤な木の実」が街の彩り。

我が家の庭のハナミズキも赤い実をつけて。

ご近所にはトキワサンザシ(ピラカンサ)が、枝一面にビッシリと。

「赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」(北原白秋)。

この季節を彩る木の実は、ほとんどが赤い色。

鳥たちに「美味しい食べ物」があるよとアピールして食べてもらい、種を運ばせる自然界の仕組み。

赤ばかりの中で、目を引く木の実は「鮮やかな紫色」。

「ムラサキシキブ」という優雅な名前を持つこの花木は、古来、薬用植物として止血剤や皮膚病の治療に用いられたと。

紫式部と言えば、かの「源氏物語」を書いた稀代の才女ですが、「紫式部日記」では意外なキャラも。

当時の手紙(今ならメール)で、ライバルの清少納言をケチョンケチョンに。

「頭がいい風を装って、漢字を書きまくっているけど、よく見たら幼稚な間違いもしてる。こんな人に限って偽の教養しか持ち合わせていないもの。いつも気取って、あんな薄っぺらい態度をとるような人が、いい人生を送れるだろうか。いや送れるはずがない」と。

自国の首相に対し、「この人物の教養のレベルが露見した。学問をされた人ではない。単位を取るために大学を出たんじゃないか」と罵詈雑言を浴びせた県知事を彷彿とさせて。

「人を謗るは鴨の味」ということわざがあるそうな。

因果なことですが、他人の「悪口や陰口」で快感を得てしまう人間の性。

清少納言への嫉妬心から生じた言葉を、手紙に書き残してしまったために。

まさか1000年経っても、語り継がれるとは、紫式部もさぞかしビックリ。

美しい紫色のを見て、「もの言えば唇寒し秋の風」と自戒した朝でした。

ささやかな「贅沢気分」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_358808293.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_243913203.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_201292252.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_576430513.jpg
週一のアラームオフで、心和む日曜日は、秋の虫の音色で目覚めて。

待ち望んだMacデリバリーが始まり、早速「朝マック」を注文。

ウィズコロナの世の中、便利になったことの一つかも。

家族それぞれがお好みのチョイスで、フィレオフィッシュやソーセージエッグ、ホットケーキやデラックスプレートなど。

まだ暖かいままのマックが、僅か30分ほどでご到着。

配送料の300円は、居ながらにしての「自宅ルームサービス」と思えばリーゾナブル。

ささやかな「贅沢な気分」を味わった9月最終の日曜朝でした。

今年も残す所、あと3か月。

始めから作り直した「青鷺シリーズ」の一作目は、版木の彫りが終わって「摺りの工程」に。

作品名は「Heron in Flight」(サブタイトル「碧き羽音」)に決めて。

新たな試みとして、「翔び立つ動き」を金箔粉(砂子)を散りばめて表現しようと。

初のチャレンジなので、どうなることやら楽しみです。

百日紅と北斎の娘

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_294438180.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_474940123.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_238042822.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_867628382.jpg
夏が終わり秋を待つ時節に、目を和ませてくれるサルスベリ。

我が家の庭は紅色ですが、ご近所にはピンクの花も。

花期が長く続くサルスベリは、漢字で「百日紅」と。

「百日紅」で思い出すのは、葛飾北斎の娘お栄(葛飾応為)の生涯を描いた杉浦日向子さんの漫画。

北斎をして、「美人画にかけては応為に敵わない」とまで言わせた浮世絵師です。

「親父と娘。筆二本、箸四本あれば、どう転んでも食っていける」との名台詞。

もう一つ、お栄が主役の物語があって。

今から3年前に放映されたNHKドラマ「眩(くらら)〜北斎の娘〜」(原作者は朝井まかてさん)。

「父は眩しい光、自分はその影でいい」と、高齢で筆を動かせなくなった北斎を支え続けて。

彼女が辿り着いた境地は、「この世は光と影でできている。影が万事を形づけ、光がそれを浮かび上がらせる」。

木版画制作に試行錯誤する私にとっても、「なるほど、納得!」。

ちなみに、杉浦さんはお栄の物語に何故「百日紅」と名付けたのかが気になって。

「散れば咲き 散れば咲きして 百日紅」(加賀千代女)。

次々と新しい作品を産み出し続ける逞しさを、江戸の浮世絵師に重ね合わせて名付けたのかも。

サルスベリの花期が終わる頃に、秋の風物詩の花たちが。

甘い香りを漂わせる金木犀、涼やかな風に揺れるコスモス、妖しくも妙なる風情の曼珠沙華。

一つ、残念なお知らせが。

埼玉県日高市の巾着田公園に自生する約5百万本の曼珠沙華は、咲く前にすべて刈り取られたそうな。

開放的な野外であってすら、コロナ感染対策が必要???なのかしら。

来年には、心置きなく季節の花々を楽しむことができますように。

「虫の声」に癒されて

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_958331118.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_443835842.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_568649205.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_735398907.jpg
長引く暑さで、夏バテ気味の方も多そうですが、もうすぐ9月。

夕方になると、「晩夏の風物詩」ツクツクボウシの鳴き声が。

日本人が好む蝉の声と言えば、おそらくヒグラシが一番人気。

哀愁を帯びた「カナカナカナ」の声を聞くと、何故か子供の頃の懐かしい思い出が蘇ってきて。

「季節の移ろい」を感じさせる虫たちは、夜更けにも。

コオロギやキリギリス、クツワムシなどが奏でる「夜の演奏会」。

聞く所によれば、虫の音を「風情があって心地よい」と感じるのは、日本人特有だそうな。

日本人は左脳(言語脳)で「虫の声」を聴き、西洋人は右脳(音楽脳)で「虫の音」を聞くと。

この不思議な違いは、母国語が「母音型」か「子音型」かに拠るらしく。

日本語は「母音中心」の言語だから、「母音近似」の虫の声を、言語脳で処理するとの説。

世界中でこのパターンは、日本語とポリネシア語だけとか。

「虫の音」がノイズでしかない文化と、「虫の声」に聴き入る文化。

芭蕉の名句「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」は、日本ならでは。

虫や動物の声だけでなく、風や雨や波の音、樹々のそよぎや小川のせせらぎも、「自然の声」として耳を傾ける感性。

なるほど、まさに「山川草木悉皆成仏」。

ウィズコロナで溜まった疲れを、虫の声が優しく癒してくれるかも。