求めるのは憐れみで

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/05/header20220520095656_365284647.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/05/header20220520095656_599054527.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/05/header20220520095656_940461061.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/05/header20220520095656_930373791.jpg
住みたい町の一つが大分市。

「彫刻のある街づくり」を目指すだけあって、市内を散策すると至る所に屋外彫刻が。

今日は、県庁そばの遊歩公園まで歩いて。

先ずは、ポルトガルの青年医師ルイス・デ・アルメイダの「西洋医術発祥記念像」。

この地に日本初の「洋式病院」が建てられ、西洋医学の外科手術が盛んに行われたと。

南蛮文化を普及させた進取開明の人物、キリシタン大名の大友宗麟がいたからこそか。

彫刻には、ひとつひとつの物語があって。

アルメイダは、私財を投じて「乳児院」を建てたそうな。

貧しさから赤児を捨てたり、間引きしたりしていた時代。その現実を目の当たりにし、ショックを受けた故の行動で。

2頭の雌牛を飼って、幼な子に牛乳を飲ませて育てたと。

病人や乳児、弱き者のために尽くし続けた医師アルメイダ。

ちなみに大分市には、医師会立アルメイダ病院があり、彼の偉業を引き継いで。

その時代から500年近くも経った今、遠くウクライナでは、病院や学校が無差別爆撃されて。

ロシア正教会の総主教すらが、ウクライナ侵攻を正当化し、高らかな祝福を与えるとは。

「わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない」(マタイ福音書)。ウクライナに平和を!