「キエフの春」は?

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/02/header20220227102008_695560668.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/02/header20220227102008_712799767.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/02/header20220227102008_032874792.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/02/header20220227102008_878601144.jpg
「春の兆し」が感じられる穏やかな日曜日。

この所、日曜夜の楽しみは、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

あの時代の戦さには、「名乗りの前口上」があって。
「やぁやぁ我こそは、○○の住人●●なり!」と。

当時の「武士の作法」として、口上中には攻撃してはならないとか。

戦う武器も刀剣や弓矢なので、お互いの顔姿が見え、音声が届く距離に対峙して。

そんな「武士の習わし」は何処へやら。
今やいきなり国境の外からミサイルやロケット弾が撃ち込まれて。

罪なきウクライナの人々が苦しんでいる現実を思うと、心落ち着かず何ともやるせない気持に。

思い出すのは、「プラハの春」のこと。
今から54年前、チェコスロバキアの民主主義改革を叩き潰すために、ソ連軍が首都プラハに軍事侵攻して。

その結果、武力で「歴史の歯車」を止めた時間は、たった30年程度。
チェコとスロバキアの分離後、今や両国はNATO加盟国。

随分前にプラハを訪れる機会があって。
中心部をモルダウ川が流れる古都の街並みは、とっても美しく印象的で。

傲慢な独裁者の暴走を阻めぬ現実に、「人間社会の無力さ」を感じつつ。

自分ができることは、ただ一つ。
「キエフの春」を待ち望む無辜の民の願いが、叶えられますよう、ただただ祈るだけ。