地球の裏側の「オキナワ」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220131093654_309756580.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220131093654_870127500.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220131093654_959622066.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220131093654_322884371.jpg
冷たい北風の中、殺風景な街並みを歩きながら思い起こすのは、「美ら海沖縄」の花々。

寒緋桜に続いて、もう「イペーの花」が開花したそうな。

先ずは春の訪れを告げる桃色のイペーから始まり、じきに黄色の花々が街の彩りに。

イペーは、南米原産のノウゼンカツラ科の樹木で、ブラジルの国花。

この花は、南米と沖縄の深い繋がりを示すシンボルの一つ。

南米には、ウチナーンチュ(沖縄系住民)が約25万人も暮らしているとか。

中でもボリビアには、正式な行政区「コロニア・オキナワ」(オキナワ村)が存在して。

初代移住者たちが、密林や荒地を開拓して、今や大豆や小麦などの名産地に。

この村には数年前、真子さまも公式訪問されたことが。

興味深いことに、3世や4世の世代になっても、沖縄文化がしっかりと引き継がれており。

村の行事では、伝統楽器「三線」を奏でて、エイサーを踊り、琉球語が飛び交っているそうな。

地球の裏側にまで拡がる素敵な「ウチナーンチュ・ネットワーク」。

黄色のイペーが満開になる頃には、新型コロナが収束して、自由な往来ができますように。