ウルフムーンと天狼星

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220119081308_617721862.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220119081308_545881112.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220119081308_308240857.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220119081308_038612384.jpg
昨夜は東の空から、今朝方は西の空に美しい満月が。

初春1月の満月、英語圏では「ウルフムーン」と呼ぶそうな。

北米の先住民が、真冬の食糧不足で飢えた狼たちの遠吠えにちなんで、名付けたとか。

趣きのある和名を好む自分としては、「天満月(あまみつつき)」とか、「冬望月(ふゆもちづき)」の方がしっくりと。

「満月と狼」といえば、おどろおどろしいモンスターの狼男が。

西洋のオオカミは獰猛で、恐怖の対象として忌み嫌われる存在だが。

「赤ずきん」や「三匹の子豚」は、悪者のオオカミに喰われそうになったお話。

それに較べて、日本のオオカミは、昔から「山神の使い」と敬われていたようで。

実際、農家の人々にとっては、田畑を荒らすイノシシやネズミを食べてくれる「ありがたい守護者」と崇められたとか。

同じ生き物でも、お国柄によって嫌われたり、好かれたり。

夜空のオオカミは他にも。最も明るい恒星シリウスは、中国名で「天狼星」と。

米国ルーツの「ウルフムーン」と、中国ルーツの「天狼星」、どっちの煌めきが勝るのか?

そんな競い合いはさておいて、日本には狼を祀る神社が。

秩父の三峯神社の守護神は、日本武尊を道案内した大神(オオカミ)。

あらゆるものを祓い清め、さまざまな災厄から守ってくれる狼様に、「穏やかな日常」が戻りますよう祈りましょうか。