「宮古島まもる君」の嘆き

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220111152907_811256023.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220111152907_313299292.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220111152907_380929498.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2022/01/header20220111152907_581817753.jpg
こうも寒い日が続くと、「美ら海沖縄」が懐かしく思えて。

早くも八重岳の寒緋桜が咲き始めて、見頃を迎えているそうな。

「ひとあし、お咲きに」の日本一早い桜まつりは、今年はどうなることやら。

コロナ騒動をよそに、「自然の生き物たち」は、いつも通りの暮らし方を。

今年も慶良間諸島にはザトウクジラが、瀬長島干潟にはカワウが越冬に訪れて。

それに較べて、「当たり前の日常」が失われた人間界。

人間同士の絆が、とっても濃密な沖縄ではなおさら。

宮古島では、「オートリ」(泡盛の回し飲み)に自粛要請が。

ユネスコ無形文化遺産の伝統行事「パーントゥ」(泥かけ妖怪まつり)も中止に。

マスコットキャラクターの「宮古島まもる君」も、きっと嘆いているはず。

収束を待つしかないけど、せめて何かできないかと思ったら、ふるさと納税が。

返礼品には、宮古島まもる君ボトル入りの泡盛「多良川30度」が。

八重山諸島の美しい風景を思い浮かべながら、島の方々の安全を願って、独酌で味わいましょうか。