星は地上にもある。

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/12/header20211230175556_444478763.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/12/header20211230175556_145016670.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/12/header20211230175556_711700069.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/12/header20211230175556_674054628.jpg
今朝、江戸川堤防の散歩道から、真っ白な富士山が見えて。

澄み切った空気の冬到来を感じさせてくれる風景。

夜空を見上げれば、「オリオン座」がくっきりと。

冬の星空を見るたびに、懐かしい子供の頃を思い出して。

「オリオン座」の和名は「鼓星」。ギリシャ神話の狩人オリオンはピンとこないけど、和名であればすんなりと。

「カシオペア座」の「錨星」もそう。

「プレアデス星団」の「昴」(すばる)も、ナイスなネーミングで。

平安の昔、枕草子に「星は昴」と。清少納言が美しいと感じた星の名前の筆頭に。

日本人の昴好みからか、ハワイ島の望遠鏡の名前にも、谷村新司さんのヒット曲名にも。

「昴」を歌ったベストソングは、何と言っても中島みゆきさんの「地上の星」。

「プロジェクトX」の主題歌として、書き下ろされた名曲で、その歌詞が素晴らしく。

中でも、「名だたるものを追って、輝くものを追って、人は氷ばかり掴む」というフレーズが。

星は、空ばかりではなく、地上にもある。
ともすれば光輝き、衆目を集めるものに憧れがちな世の中だけど。

目立つことなく普通に暮らす人々にも、「その人ならではの才能」があり、「かけがいのない存在」だから。

Perfect agree!!!

掴めば溶けてしまう氷の儚さ。追いかけるなら、もっと意味のあるものを。

コロナ騒動の今年も、あと一日。
お世話になった皆様が、より良き新年を迎えられますように。