そのうちに「コオロギマック」が

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/09/header20210906062800_374829765.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/09/header20210906062800_795232460.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/09/header20210906062800_442052301.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/09/header20210906062800_168590808.jpg
日曜日の朝は、ちょっと贅沢に「マックデリバリー」を。

特別感のあるブランチと大谷43号ホームランのニュースで、気分は朝から爽快に。

前回ブログの「秋の虫」につながって、今回は「コオロギ食品」の話題を。

無印良品の「コオロギせんべい」や敷島製パンの「コオロギカフェ」が評判になり、売り切れ続出とのこと。

物珍しさだけではなく、地球の食糧危機を救う「貴重なタンパク源」として注目を集めて。

昔からの「イナゴの佃煮」のように、姿そのままだと躊躇ってしまうが、「パウダー加工の焼き菓子」なら大丈夫。

バームクーヘン一個が、100匹分の食用コオロギパウダーで作られていると。

でも、自然由来のコオロギは、数に限りがあるはず。

そこにビジネスチャンスがあると考えた幾つかのメーカーが、「コオロギの養殖工場」を。

栄養豊富なコオロギは、40日程度の生育スピードで成虫になるそうな。

この食材が、様々なバリエーションの食品に利用される時代に。

既に、コオロギラーメンやコオロギ醤油、コオロギビールまで実用化されて。

そのうちに、マクドナルドのメニューにも「コオロギマック」が出て来るかも。