小さきものは、みなうつくし。

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210831085245_646716031.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210831085245_826453046.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210831085245_546851095.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210831085245_176955807.jpg
「盆過ぎて 宵闇暗し 虫の声」(芭蕉)。

明日から9月。
陽が沈んだ後、幾分か涼しさを感じる頃に、秋を告げる「虫たちの声」が。

この季節になると、朝は小鳥たちの円舞曲、昼は蝉たちの協奏曲、夜は虫たちの夜想曲。

「人間界の鬱陶しさ」を、束の間でも忘れさせてくれる「生き物の讃歌」に耳を傾けて。

日本人の「虫を愛でる文化」は、万葉の昔から続いて。

平安時代の枕草子には、「鈴虫、松虫、キリギリス、はたおり」の四種が、好ましい虫と。

源氏物語には、「鈴虫」の声を愛でながら、酒宴に興じる一節が。

「虫の声」を左脳で聴く「日本人ならでは」の感性かも。

松虫はチンチロリン、鈴虫はリインリン、こおろぎはキリキリキリ、うまおいはスイッチョン。

単なる「ノイズ」として聞き流すか、小さな「生命のメッセージ」として感じ取るかは、人それぞれ。

清少納言は、「何もかも、小さきものは、みなうつくし」と。

そうなんです。
季節、季節が奏でる「自然の音色」は、人の「乾いた心」を潤してくれる贈り物のように。