祭りのあと

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210805102342_245147289.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210805102342_224413319.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210805102342_493786467.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/08/header20210805102342_244761117.jpg
青空を見上げると、成田空港を飛び立ったジェット機が。

あの中には、母国に戻るアスリートたちが乗っているはず。

選手はそれぞれに、「どんな思い出」を抱いて帰るのだろうか。

勝ち負けは時の運。それ以上に「大切な何か」を胸に、持って帰ってくれたら‥‥。

この週末は、早くも閉会式。数々の「エキサイティングなドラマ」を見せてくれた祭典も、幕が降りる時。

後に続くパラリンピックは、果たしてどうなることやら?

そろそろ「祭りのあと」の寂しさに、心の準備をし始めようかと。

人生、「ハレの日」と「ケの日」の繰り返し。楽しい祭りが終われば、「いつも通りの日常」に戻るだけ。

とは言え、コロナ禍の制約に縛られた日常が、「いつも通り」に戻るのは、いつのことやら。

誰の言葉だったか、「一に辛抱、二に忍耐、三四がなくて、五に我慢」。

アスリートたちの「凄まじい忍耐力」に較べれば、旅行や外飲みの我慢なんて、些細なことかも。

その内、きっとやって来る「ハレの日」を楽しみに、もう暫く、「自粛する日常」を過ごしましょうか。