アスリートたちの涙

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/07/header20210727155825_217789029.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/07/header20210727155825_344103181.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/07/header20210727155825_955932832.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/07/header20210727155825_512014947.jpg
悲願を果たした幼馴染の卓球ペア、二人揃って頂点に立った柔道兄妹、13才中学生のスケボ金メダリスト‥‥。

「筋書きのないドラマ」に、ハラハラドキドキの毎日が続いて。

勝っても負けても、印象的な「アスリートたちの涙」が。

「歓喜の涙」、「悲嘆の涙」、「悔し涙」、そして拡がる「もらい泣き」の輪。

「万感の思い」から溢れ出る「アスリートたちの涙」は、何を語っているのか?

柔道73kg級で、リオに続く2連覇を成し遂げた大野将平は、こんな言葉を。

「準決勝、決勝と延長戦で、自分の中でも感じたことのない恐怖と戦っていました。その中で勝ちを拾ってこれたのは、何か実力以外の部分もあったのかな、と感じてしまいます」。

オリンピックは、強いだけでは勝てない。実力があっても、「不本意な結果」に終わる選手と、期待値以上の「見事な勝利」を掴む選手。

「実力以外の何か」とは?

そのヒントは、金メダリストの「勝利インタビュー」の中にあるような。

この晴舞台に立てたのは、これまでずっと、自分を信じて支えてくれた方々のおかげ。

だから、この栄誉は、自分一人ではなく、恩師や先輩、家族や仲間とともに授かったもの。

真の勝利者には、このような「感謝の心」と「謙虚さ」が共通していると思えて。

それは、実力伯仲の場で、自分一人で戦っているのか、背中を押してくれる「目に見えないパワー」とともに戦っているのかの違いなのかも。

オリンピックで「涙腺開放」している間に、アナハイムから、大谷翔平が5勝目の勝利投手との嬉しいニュースが。

こちらの歓喜には、「涙」よりも「笑顔」が似合うようで。