真っ先にハワイ島かなぁ

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/06/header20210621073632_963340693.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/06/header20210621073632_359841113.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/06/header20210621073632_147425269.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/06/header20210621073632_588937413.jpg
昨日、二回目のワクチン接種が完了。

とても上手な看護師さんのおかげで、針刺しの時でも痛みを感じずに。

一夜明けて、さしたる副反応もなく、後は「中和抗体」が元気に育つのを待つばかり。

鎮痛剤を用意していた家内は、期待外れ?なのか、「年寄りだから、免疫反応が鈍いんでしょ」とチャチャ入れて。

一連の接種プロセスは完璧だけど、ひとつだけ疑問が。

あの「問診」という行為の付加価値は???

本人が自己申告した予診票を見て、「接種OK」のサインを書く医師の仕事。

その判断は、医師免許を持つ者しかできないという決まりだから。

そうかもしれませんが、でも。カタチだけの「お飾り的存在」のようにも。

日本中が、その「お飾り」を探し求めて、時給がウナギ上りとか。

いっそのこと、「予診票のチェック」は、医療従事者なら誰でもできるようにすればいいのに。

それはさておき、7月には「接種証明書」が発行されるそうな。
加えて、12才以上の中高生もこの夏休み中に接種できるようになったらナイス。

この年末には、海外にも自由に行けるようになるかも。
真っ先にハワイ島かなぁ。そんな思いを巡らして、あと数ヶ月の我慢を続けましょうか。