沖縄、冬の「美ら花」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_553426942.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_215734079.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_794528684.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2021/01/header20210111062737_670654912.jpg
厳しい寒さに身がすくむこの時節には、またぞろ沖縄が恋しくなって。

地元の方々は、気温20度を切ると寒がって炬燵を出すそうな。

ここ数日、沖縄でも最低気温が10度を下回る予報なので、さぞかし大騒ぎでしょう。

ちなみに沖縄の降雪記録は、過去2回のみ。その2回とも短時間のみぞれが降っただけと。

沖縄と言えば、夏の見所は紺碧の「美ら海」ですが、冬の見所は「美ら花」。

そろそろ北部の寒緋桜が開花し、今月下旬から各地で「桜祭り」が始まる頃に。

今帰仁グスクの「花明かり」、本部八重岳の「ひとあし、お咲きに」と徐々に南下して。

1月末から2月には、北中城村の「ヒマワリ畑」、名護市羽地の「コスモス畑」が満開に。

ハイビスカスやブーゲンビリア、ハナチョウジなど、カラフルな花々が一年中、街中で見られて。

生きているその場所で、その時が来れば咲き、その時が来れば散る。

「花の一生」も、「人の一生」も同じことかも。

せめて咲いている間は、周りに「ぬくもり」をもたらす存在でありたいと。

こんな時だからこそ、沖縄の「美ら花」を思い浮かべて、「心の凍てつき」が少しでも和らぎますように!