次作品の構想づくり

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_615629427.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_266399396.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_587915724.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201128055626_935611873.jpg
新作品の「Heron in Flight」(副題「碧き羽音」)を額装してみたら、こんなイメージに。

まずは、お気に入りの越後産天然桐製「インディアンターコイズ」で。

自然由来の木理の美しさに加えて、作品の柔らかな色調とのハーモニーがしっくりきます。

もう一つは、ゴールド系の額縁。

本年2月、有楽町交通会館で開催された「全国サムホール公募展」にて、奨励賞の副賞としていただいたものです。

こちらは、「金箔の砂子」とマッチして、落ち着きのある重厚感が。

いずれにしろ、飾る空間の雰囲気と観る方のお好み次第でしょう。

さあ!今日から、次の作品の構想づくりがスタート。

引き続きアオサギを主役に、木漏れ日が降り注ぐ「神秘の森」を舞台に。

木版画の技法としては、「放射状の淡い光」をどのように表現するかがチャレンジ。

今のところ、表題は「Heron in Forest」(サブタイトル「神降る森」)にしようかと思っています。