新しい作品の完成

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_160568035.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_526441860.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_813085604.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/11/header20201121142820_197619907.jpg
「Heron in Flight」(副題:「碧き羽音」)が、ようやく出来上がりました。

時間がかかった訳は、制作途上だった当初の作品プランを放棄し、最初から作り直したので。

今回の主役は、「Great Blue Heron(オオアオサギ)」で、北米大陸に棲息するペリカン目サギ科の鳥です。

彫った版木は18枚で、基調色を「ピーコックブルー」とし、多様なボカシ技法を使って25度摺り(限定20部)。

試行錯誤を重ねた表現は、海に浮かぶ満月の濃淡、そしてアオサギの翼の光沢と羽毛の柔らかさ。

初めてのチャレンジは、「金箔の砂子」をあしらった技法。

どうせならばと純金箔(24K)を使い、定着剤には膠液を。

翔び立つアオサギの動的な表現を試みて、「羽ばたく音」と「流れる風」をイメージしたものの、果たしてその出来映えは?

最後に落款印を押し、エディションナンバーと作品タイトルを記載して署名すれば、目出たく完成。

どんな額縁が似合うだろうか、あれこれ考えるのも楽しみで。

楮100%の越前手漉き和紙を用いたサムホールサイズ(15.8×22.7cm)の作品ですが、来年、どこかの公募展に出展するつもりです。