ささやかな「贅沢気分」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_358808293.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_243913203.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_201292252.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200927124918_576430513.jpg
週一のアラームオフで、心和む日曜日は、秋の虫の音色で目覚めて。

待ち望んだMacデリバリーが始まり、早速「朝マック」を注文。

ウィズコロナの世の中、便利になったことの一つかも。

家族それぞれがお好みのチョイスで、フィレオフィッシュやソーセージエッグ、ホットケーキやデラックスプレートなど。

まだ暖かいままのマックが、僅か30分ほどでご到着。

配送料の300円は、居ながらにしての「自宅ルームサービス」と思えばリーゾナブル。

ささやかな「贅沢な気分」を味わった9月最終の日曜朝でした。

今年も残す所、あと3か月。

始めから作り直した「青鷺シリーズ」の一作目は、版木の彫りが終わって「摺りの工程」に。

作品名は「Heron in Flight」(サブタイトル「碧き羽音」)に決めて。

新たな試みとして、「翔び立つ動き」を金箔粉(砂子)を散りばめて表現しようと。

初のチャレンジなので、どうなることやら楽しみです。