百日紅と北斎の娘

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_294438180.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_474940123.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_238042822.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/09/header20200919094944_867628382.jpg
夏が終わり秋を待つ時節に、目を和ませてくれるサルスベリ。

我が家の庭は紅色ですが、ご近所にはピンクの花も。

花期が長く続くサルスベリは、漢字で「百日紅」と。

「百日紅」で思い出すのは、葛飾北斎の娘お栄(葛飾応為)の生涯を描いた杉浦日向子さんの漫画。

北斎をして、「美人画にかけては応為に敵わない」とまで言わせた浮世絵師です。

「親父と娘。筆二本、箸四本あれば、どう転んでも食っていける」との名台詞。

もう一つ、お栄が主役の物語があって。

今から3年前に放映されたNHKドラマ「眩(くらら)〜北斎の娘〜」(原作者は朝井まかてさん)。

「父は眩しい光、自分はその影でいい」と、高齢で筆を動かせなくなった北斎を支え続けて。

彼女が辿り着いた境地は、「この世は光と影でできている。影が万事を形づけ、光がそれを浮かび上がらせる」。

木版画制作に試行錯誤する私にとっても、「なるほど、納得!」。

ちなみに、杉浦さんはお栄の物語に何故「百日紅」と名付けたのかが気になって。

「散れば咲き 散れば咲きして 百日紅」(加賀千代女)。

次々と新しい作品を産み出し続ける逞しさを、江戸の浮世絵師に重ね合わせて名付けたのかも。

サルスベリの花期が終わる頃に、秋の風物詩の花たちが。

甘い香りを漂わせる金木犀、涼やかな風に揺れるコスモス、妖しくも妙なる風情の曼珠沙華。

一つ、残念なお知らせが。

埼玉県日高市の巾着田公園に自生する約5百万本の曼珠沙華は、咲く前にすべて刈り取られたそうな。

開放的な野外であってすら、コロナ感染対策が必要???なのかしら。

来年には、心置きなく季節の花々を楽しむことができますように。