「虫の声」に癒されて

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_958331118.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_443835842.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_568649205.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_735398907.jpg
長引く暑さで、夏バテ気味の方も多そうですが、もうすぐ9月。

夕方になると、「晩夏の風物詩」ツクツクボウシの鳴き声が。

日本人が好む蝉の声と言えば、おそらくヒグラシが一番人気。

哀愁を帯びた「カナカナカナ」の声を聞くと、何故か子供の頃の懐かしい思い出が蘇ってきて。

「季節の移ろい」を感じさせる虫たちは、夜更けにも。

コオロギやキリギリス、クツワムシなどが奏でる「夜の演奏会」。

聞く所によれば、虫の音を「風情があって心地よい」と感じるのは、日本人特有だそうな。

日本人は左脳(言語脳)で「虫の声」を聴き、西洋人は右脳(音楽脳)で「虫の音」を聞くと。

この不思議な違いは、母国語が「母音型」か「子音型」かに拠るらしく。

日本語は「母音中心」の言語だから、「母音近似」の虫の声を、言語脳で処理するとの説。

世界中でこのパターンは、日本語とポリネシア語だけとか。

「虫の音」がノイズでしかない文化と、「虫の声」に聴き入る文化。

芭蕉の名句「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」は、日本ならでは。

虫や動物の声だけでなく、風や雨や波の音、樹々のそよぎや小川のせせらぎも、「自然の声」として耳を傾ける感性。

なるほど、まさに「山川草木悉皆成仏」。

ウィズコロナで溜まった疲れを、虫の声が優しく癒してくれるかも。