「虫の声」に癒されて

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_958331118.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_443835842.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_568649205.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200830065858_735398907.jpg
長引く暑さで、夏バテ気味の方も多そうですが、もうすぐ9月。

夕方になると、「晩夏の風物詩」ツクツクボウシの鳴き声が。

日本人が好む蝉の声と言えば、おそらくヒグラシが一番人気。

哀愁を帯びた「カナカナカナ」の声を聞くと、何故か子供の頃の懐かしい思い出が蘇ってきて。

「季節の移ろい」を感じさせる虫たちは、夜更けにも。

コオロギやキリギリス、クツワムシなどが奏でる「夜の演奏会」。

聞く所によれば、虫の音を「風情があって心地よい」と感じるのは、日本人特有だそうな。

日本人は左脳(言語脳)で「虫の声」を聴き、西洋人は右脳(音楽脳)で「虫の音」を聞くと。

この不思議な違いは、母国語が「母音型」か「子音型」かに拠るらしく。

日本語は「母音中心」の言語だから、「母音近似」の虫の声を、言語脳で処理するとの説。

世界中でこのパターンは、日本語とポリネシア語だけとか。

「虫の音」がノイズでしかない文化と、「虫の声」に聴き入る文化。

芭蕉の名句「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」は、日本ならでは。

虫や動物の声だけでなく、風や雨や波の音、樹々のそよぎや小川のせせらぎも、「自然の声」として耳を傾ける感性。

なるほど、まさに「山川草木悉皆成仏」。

ウィズコロナで溜まった疲れを、虫の声が優しく癒してくれるかも。

香港のサムライ二人

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200822101731_579210920.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200822101731_146538248.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200822101731_602597754.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/08/header20200822101731_873979546.jpg
猛暑の日中は、極力外出を控えて、運動不足解消のためにナイトウォーキングを。

いつもの代わり映えしない景色に飽きが来たら、名高い「100万ドルの夜景」を思い浮かべながら。

イメージ的には、北海道の函館山や香港のビクトリアピークを散歩しているかの如く。

香港を訪れたのは、かなり前だったけれど、今や、世界中から注目されている人物が二人。

その一人は、人々の「自由と民主」を守るために、命を懸ける黎智英(ジミー・ライ)さん。

彼の強い信念が発する言葉、「最後まで戦う。香港は私の家。私達は何も恐れない」に共感し、連想したのは。

「宇宙戦艦ヤマト」の艦長、沖田十三が古代進に語りかけた言葉。

「お前にはまだ命が残っているじゃないか。人間の命だけが、邪悪な暴力に立ち向かえる最後の武器なのだ」。

「素手でどうやって勝てる?死んでしまって何になる?誰もがそう考えるだろう。わしもそう思う。男はそういう時でも立ち向かっていかねばならない時もある。そうしてこそ初めて、不可能が可能になってくるのだよ」。

「古代。お前はまだ生きている。生きているじゃないか。ヤマトの命を生かすのは、お前の使命なんだ。命ある限り戦え!わかるな、古代」。

これって、まさに「武士道精神」。

もうお一人は、民主化運動の若き戦士、ご存知の周庭(アグネス・チョウ)さん。

釈放後、アニメやJポップから独学で学んだ流暢な日本語で、欅坂46の「不協和音」が頭に浮かんだとの弁。

何となく、ディズニー映画の「ムーラン」に重ね合わせたくなるような。

「来年の今ごろ、生きてられるかどうか」と話す言葉からも、「一身を懸ける覚悟」が伝わってきて。

「武士道と云ふは、死ぬ事と見つけたり」(葉隠)。

「香港を守るサムライ二人」が、本願成就されるよう願うばかりです。