でんでんむしのかなしみ

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200728144809_759259733.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200728144809_403311805.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200728144809_084102319.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200728144809_860140696.jpg
梅雨が長引く今年ですが、庭先からはセミの鳴き声が。

いつの頃からか、滅多に会わなくなった生き物がいろいろと。

例えばオニヤンマやゲンゴロウ、アメンボやカタツムリ等々。

子供の頃にずっと、背中に貝殻を背負った姿を見て、カタツムリはヤドカリの仲間と思い込んで。

調べて見ると、カタツムリの殻は生まれた時から備わっているそうな。

成長に合わせて、殻を住み替えるヤドカリと異なり、自力で住処を建て増していくと。

殻の主成分の炭酸カルシウムは、どこから手に入れるのか、どうやって幾何学的な螺旋模様を描くのか、右巻きと左巻きの違いはどうしてか?
カタツムリには、不思議がいっぱい。

カタツムリで思い出す一冊の絵本が。それは「でんでんむしのかなしみ」(新見南吉)。

ある日、「背中の殻の中に、悲しみが一杯詰まっていること」に気がついた一匹のでんでんむし。

不仕合せを背負った自分は、「もう生きていられない」と悲嘆して、次々と友達に泣きすがってみたけど。

誰に訴えても返ってきた言葉はすべて同じ。「あなたばかりではない。私の背中にも悲しみは一杯」と。

そうなんだ!「悲しみは誰もが持っている。自分は自分の悲しみに堪えて生きていくしかない」と気付いたというお話。

この絵本は、上皇后美智子さまが、「国際児童図書評議会」(ニューデリー)の基調講演で紹介されて。

「生老病死」。確かに人は、生まれてから死ぬまで、大小様々な「悲しみ」と付き合い続けるようで。

だったら、眼を閉じずに「受け止めて」、あるがままを「受け入れて」、ポジティブ思考で「受け超えて」。

「他者の悲しみ」に、優しく自然体で寄り添う美智子さまの生き方は、「でんでんむしのかなしみ」に支えられているのかも。