「モネの睡蓮」にカエルが

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200708082910_814393746.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200708082910_200004199.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200708082910_126177038.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/07/header20200708082910_790371866.jpg
人生シニア世代になると、いわゆる「主要5科目」は、ほとんど不要かも。

漢字や熟語は、スマホやパソコンにお任せで。

お釣りや割り勘の計算ができれば、微分積分など忘れても。

文法を無視しても、知ってる英単語を並べれば、意思は通じて。

理科と社会は、普段の暮らしの常識程度で十分だし。

齢を重ねると、実生活の役に立つ科目は、「技術・家庭」や「美術・音楽」、「倫理・道徳」、「保健・体育」と実感。

最近のベストセラー「13歳からのアート思考」(著者は現役美術教師の末永幸歩さん)に、こんな話が。

小学校の「図工」に較べ、中学校の「美術」になると人気急落とか。

自分が感じたまま作る「図画や工作」の時間は楽しかったけど、「美術」になると上手/下手を採点されたり、絵や画家の名前を暗記させられたりでウンザリ。

大原美術館での印象的なエピソードも紹介されて。

「モネの睡蓮」を見ていた4歳の男の子が発した言葉。それは「カエルがいる」。

そこに居合わせた学芸員が、「えっ!どこにいるの?」と尋ねたら。

その答えは、「いま、水にもぐってる」。

う〜ん。そんな風に見えるのか!

末永さんの弁。男の子は「自分だけのものの見方」をして、「自分なりの答え」を見つけ出している。

「すべての子供はアーティストだ。問題なのは、どうすれば大人になった時にアーティストのままでいられるかだ」(パブロ・ピカソ)。

突然の自然災害や未知の病原菌、激動する複雑な現実社会の中で、誰も「確実な未来」など見通すことができない時代。

創造的に生きるために、「自分だけのカエル」を見つけ出す力が求められているのかも。

末永さんの言う「アート思考」とは、①「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、②「自分なりの答え」を見つけ、③それによって「新たな問い」を生み出していく考え方のプロセス。

ちなみに、この本との出会いは、私の木版画にもインパクトをもたらして。

年初来、制作途上にあった「青鷺シリーズ一作目」をお蔵入りさせて、一から新たに作り直すことに。

リニューアル作品を通じて、「自分だけのカエル」が見つかるといいのですが。