ローカルマスクを楽しんで

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200622071459_765313404.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200622071459_433656510.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200622071459_181061824.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200622074923_608701194.jpg
今朝、姉が送ってくれた手作りの「花柄マスク」が届き、家内は大喜び。

ウィズコロナ時代の必需品となったマスクは、性能の高低もさることながら、「ファッションアイテム」の一つとなったようで。

この新しいトレンドにも、日本各地のローカル色が。

岡山のデニムマスク、新潟の小千谷縮マスク、京都の西陣織マスク、石川の加賀友禅マスク、愛媛の今治タオルマスク等々、お国自慢の伝統工芸品の応用で続々と。

シャープやユニクロのマスプロ商品とは、一味違った魅力があって。

沖縄にも、郷土色豊かなマスクが。

「琉球紅型」の素材や「かりゆしウェア」の生地を用いたり、ハイビスカスやシーサー柄をデザインした「美ら海マスク」。

いいですよね。マスクを通して「南国の空気」を吸っているような気分に。

梅雨が明けた沖縄では、そろそろゴールデンシャワー(マメ科の植物で別名ナンバンサイカチ)が見頃。

夏の訪れを告げる黄金の花は、ほのかな甘い香りを漂わせて。

沖縄の旅には、やっぱり「美ら海マスク」が似合いそう。

マスク収集が趣味化しつつある時代だから、訪れる場所に合わせた「マスクコーデ」が流行るかも。

遊び心やおしゃれ感に溢れたローカルマスクを楽しんで。

「モノと思い出」が重なり合う日本ならではの文化でしょうか。