雨がしとしと日曜日

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200614212125_199669148.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200614212125_418829574.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200614212125_772947288.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200614212125_489634060.jpg
梅雨本番の日曜日。

こんな時、僕たちの世代が思い浮かべるフレーズは、”雨がしとしと日曜日”。

60年代ポップスのヒット曲「モナリザの微笑」(ザ・タイガース)の歌詞です。

主役は勿論、ジュリー(沢田研二)ですが、それもサリー(岸部一徳)という名脇役の存在があってこそ。

彼は古希を迎えて一層、独特のキャラに磨きがかかり、「ドクターX」では、オネイ言葉のオカマ味やお茶目なスキップ姿で。

「相棒」の官房長役では、杉下右京にこんなセリフを。

「正義の定義なんて、立ち位置で変わるもんでしょ。まさか絶対的な正義が、この世にあるなんて思ってる?」

ニヒルで怪しげな悪党だろうが、飄々とした間抜け役だろうが、何でもござれ。

彼の持ち味は、能面の如く「無表情な顔」にあるとの説が。

ご本人は、「正体不明でいたほうがいいので。いろんな人の日常にすっと入っていけますから」との弁。

ギリシア劇に登場する役者用の「仮面=ペルソナ」に繋がるようにも。

ユング心理学では、人は周囲に適応するため「ペルソナ」を着けて生活するが、真の中身には異なった「内的側面」があると。

そう言えば、ラグビー日本代表にも「笑顔なき仮面」を被った男が。

過酷な戦場での喜怒哀楽を抑え込むために、稲垣選手には笑みを消し去った「無表情のペルソナ」が相応しかったようで。

然れば、「千と千尋の神隠し」に出てくる「カオナシ」とは?

宮崎駿監督は、「自分の居場所を求めて彷徨い続けるカオナシ。それは誰の心の中にもいる」と。

実は「カオナシのモデル」は、組織に染まり、自分を見失なってしまった会社員とのこと。

う〜ん、確かに。勤め人だった頃の自分も「カオナシ」だったのかも。

今、「我れのペルソナは?」と自問自答すれば。

家庭の父親、企業経営の助言者、木版画の作家の三つの仮面を、場面に応じて着け変えているのかな?

ペルソナには、人の内面に及ぼす作用があるので、それが「相剋」なのか、「調和」なのかの問題で。

そんなことに思いを巡らせた”雨がしとしと日曜日”でした。