「爽快な気分」を取り戻す特効薬

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200612093635_789486823.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200612093635_785185274.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200612093635_244781537.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/06/header20200612093635_553918585.jpg
本州は梅雨入りしましたが、沖縄ではもうすぐ梅雨明け。

梅雨の風物詩といえば、アジサイとカタツムリでしょうか。

沖縄県本部町にある饒平名(よへな)ウトさんの個人庭園「よへなあじさい園」が見頃を迎えたそうな。

個人庭園といっても、1万平方mの山の斜面に1万株、約30万輪もの紫陽花が咲く見事さ。

一昨年に100歳で亡くなられたウトさんは、地元で「アジサイばあちゃん」と親しまれて。

梅雨明けの沖縄では、たった一夜だけ咲き、夜明けに散ってしまう幻の花「サガリバナ」も必見。

サガリバナの特徴は、何といっても無数に伸びる淡いピンク色の雄しべ。その姿は、まるで幻想的な花火のように。

バニラみたいな甘い香りに虫たちが引き寄せられて、受粉のお手伝いを。

嗚呼、美ら海沖縄に行きたい!

渡航自粛要請中に沖縄をうろついた顰蹙タレントもいましたが、6月初からは部分解除されて。

美ら海水族館や首里城公園など、営業を休止していた観光施設も次々に再開して。

今月下旬には、残る6都道県との往来も含めて全面解除を予定とのこと。

「爽快な気分」を取り戻す特効薬は、スカッと晴れた青空と美しい海。

この夏は、本島、石垣島、宮古島、西表島の何処を拠点に旅しようか、アレコレと思いを巡らせて。