「侘び寂び」と「Let it be」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_488740555.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_542556082.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_908022397.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200327065204_932530036.jpg
青空の朝、我が家の庭先で、犬の散歩中の方から「この綺麗な白い花は何という名前ですか?」と聞かれて。

「利休梅(リキュウバイ)と言い、千利休にちなんだ花のようです」とお答えしました。

豊臣秀吉の逆鱗に触れて切腹した利休の命日は、天正19年(1591年)2月28日(旧暦)。

京都大徳寺の「利休忌」では、新暦の今日3月27日から、千利休を偲ぶ茶会が営まれます。

丁度、この時期に合わせたように咲くことから名付けられたとのこと。

確かに、清楚な白の「控えめな美しさ」は、茶席に似合いそうです。

加えて、樹下を彩る黄色い花との組み合わせが、ナイスなコントラストを。

利休と言えば、「侘び茶」の完成者。

「侘び」とは元来、「思う通りにならない状況を悲しみ、思い煩うこと」でしたが、むしろそれを肯定的に受けとめて、「不足や簡素から生まれる美しさ」の意味に。

対句の「寂び」は、時間の経過とともに朽ちて行く様相の「はかなくも古びた味わいの美しさ」を表して。

両者が溶け合って生まれた「侘び寂び」という言葉は、日本人の美的感覚そのもの。

自然界のあらゆる事物は、常に「未完成」や「不十分」であるとして、それを「あるがままに受け入れよう」という価値観。

昨今、「侘び寂び」が英語でも使われるようで、「Wabi and Sabi」とも。

ふと、あのビートルズの名曲「Let it be」に重なるように思えて。

悩み尽きず心が折れそうな時、立ち現れた女神が囁いた言葉は、「あるがままを受け入れて、素直に生きればいいの」。

しかり!!!
頑張るだけ頑張った後は「自然の成り行き」に委ねるしかないから。

騒然とした世の中、落ち着かない日々が続きますが、「利休梅の白い花」を眺めて、そんなことを思い起こした一日でした。

「自粛ライフ」を楽しんで

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_801285650.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_827441289.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_429109838.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200321154200_778887451.jpg
春の花々が美しい季節。

いつもならば、入学式や入社式を待つ若者達の笑顔が、街中に溢れているはずなのに‥‥。

目に見えない「微小な存在」が、平凡に暮らす人々の「慎ましい日常」を奪い去ってしまう世の中。

ウンザリの自粛モードが続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

人生、何があっても「環境順応力」こそ大切。

イベントや旅行、ジム通いや飲み会はお預けでも、身近な所に手仕事がいろいろと。

元来、木版画も含む「アート制作」は根気がいる一人作業で、自粛型ワークそのもの。

編み物や刺繍のような趣味を持つ方は、仕事が大いにはかどるのかも。

疲れたら気分転換に、広々とした野外の散歩がナイスです。

海岸や森林の近くにお住まいの方が羨ましいですが、私のお気に入りは江戸川堤防の土手道。

春の花々を楽しみながらの散策のおかげで、毎日の歩行数がかなり増えてきたように。

一説によれば、免疫力と運動は、密接な関係があるとも。

適度なウォーキングは、血液の循環を高めて、ナチュラルキラー細胞を活性化する効果もあるようです。

こんな時こそ、各人各様の知恵と工夫による「自粛ライフ」を楽しんで。

ちなみに4月開催予定だったフランス聖ピエール教会の公募展は延期とのこと。

国境閉鎖や外出禁止令の欧州なので、仕方ないですね。

私の「カワセミ4羽」は、パリの画廊にて巣ごもり待機。

秋頃には収束して、フランスの方々の心を和ませてくれるよう期待しています。

生命体の不思議

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_278578026.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_858529459.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_709222487.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/03/header20200303154139_177256130.jpg
2020年3月3日。今日は「楽しい雛祭り」のはずなのに、祭り気分が盛り上がらない「桃の節句」です。

得体の知れないウイルス騒ぎで、世界中が右往左往。

予定していたイベントも中止になり、ふと思い出した書棚の本を3冊取り出して。

その1は、「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一)。

ウイルスは細胞をもたず、細胞よりずっと小さい。自分でエネルギーを作ったり、タンパク質を合成することもできない。

しかし、ウイルスはいったん他の細胞に寄生すると、宿主細胞の道具を無断借用して、自分自身の遺伝子とそれを格納する殻を複製し、どんどん増えることができる。

やがて宿主細胞を蹴破って一斉に飛び出し、次のターゲットを探す。まるでエイリアンみたいだ。

その2は、「銃・病原菌・鉄」(ジャレド・ダイアモンド)。

アメリカ大陸最大の王国「インカの文明」は何故、スペインの侵略により、かくもあっけなく壊滅したのか。

そこには「文明の利器」たる鉄製の武器と銃、さらには「病原菌」が関与した。

農耕社会の強みは、致命的な伝染病に対する抵抗力を身につけたことだ。

家畜とともに暮らす人々は、動物由来の感染症に対して免疫が発達したが、狩猟や採集で生活する人々にはそのような機会はなかった。

そのため、伝染病が征服者と共に海を渡った際、新大陸の原住民は次々と命を落としていった。

その3は、「人類が知っていることすべての短い歴史」(ビル・ブライソン)。

ウイルスは「悪い知らせに取り巻かれた一個の核酸」に過ぎないが、好適な宿主を得ると、俄然活気づく。

細胞の遺伝物質を乗っ取り、たがが外れたように増殖する破壊力は凄まじい。

ウイルスは、忘れた頃に「新手の姿」で襲ってくる史上最悪の病原菌ですが、その一方でこんな学説も。

我々の根本であるヒトゲノム(人間の遺伝情報)の45%が、「ウイルス」や「ウイルスのようなもの」で構成されている。

例えば、子宮の胎盤形成に必須の遺伝子の一つがウイルス由来のもので、胎盤の機能を進化させる上で重要な役割を果たしていると。

かく言う私自身も長年、ウイルスとの共存生活を送っています。

数年に一度、体内に潜む「帯状疱疹ウイルス」が目覚めると起こる肋骨の痛み。

子供の頃にかかった水ぼうそう(水痘)ウイルスの生き残りで、免疫力が低下するとムクムクと。

厄介な共存者ですが、ある種のウイルスには他の病原体の感染をブロックしてくれるような存在意義もあるらしく。

人知が及ばぬ「生命体の不思議」を感じる今日この頃です。