「奨励賞」を受賞しました。

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200223090144_682783763.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200223090144_059483281.jpg
沈丁花の香りただよう晴天の朝。

昨日、「第24回全国サムホール公募展」がクロージングしました。

全国各地の腕自慢による力作172点が勢揃いし、甲乙つけ難しの感。

来場者投票の結果、幸いにも私の作品が「奨励賞」に選ばれて。

応援いただいた方々に、心から御礼を申し上げます。

昨年10月のアワガミ国際ミニプリント展は版画オンリーでしたが、今回は油絵、水彩画、鉛筆画、パステル画など様々な技法とのコンペ。

日本古来の「木と紙の文化」を受け継ぐ「木版画の美」を評価いただいたことが嬉しくて。

カワセミ3作品のうち、オークションで思いもかけず2点落札。

丹精込めた作品が、お買い上げくださった方の「暮らしの彩り」になれば、作家冥利に尽きます。

出展してよかった思うことがもう一つ。

これがきっかけで、懐かしい方々とお会いできたり、食事を囲んで旧交を温めたり。

受賞の祝賀会までアレンジしてくださる方も現れて。

公募展には「嬉しいおまけ」がついてきました。

さあ次は4月、聖ピエール教会の「第二回アート・サクレ」フェスティバル。

作品4点を航空便で送り、現地の到着待ち。

フランスの方々に、「カワセミ4部作」がどう評価されるかが楽しみです。

正方形の世界

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130257_249385450.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130257_674706360.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130901_223978280.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200211130901_968765936.jpg
河津桜が咲き始める季節となり、我が家の庭にも紅梅と水仙が彩りを。

さあ来週から有楽町の「全国サムホール公募展」。

続いて4月には、仏サンリス市の聖ピエール教会にて「アート・サクレ」フェスティバルが始まります。

出番を待つカワセミ達も、心を躍らせているようですが、ひとつ不思議に思うことが。

絵画は、一般的に縦長や横長の長方形がメジャーです。

にもかかわらず、「アート・サクレ」は何故、正方形(正四角形)の作品に限定するのだろうか?

キリスト教や西洋史との関係があるのかと調べてみました。

「四角形」は、あらゆる形のなかで最も安定した形態で、「4」は四大元素、四季、四方位、十字架など、キリスト教の「神の国」を構成する数字。

なかでも「正方形」は、究極の完全性を象徴するとのこと。

そう言えば、聖なる都エルサレムの地形は正方形で、バチカン市国の国旗も正方形。

ちなみに、世界で正方形の国旗を持つ国は、バチカンとスイスの二ヶ国だけのようです。

正方形の宗教的意味は、キリスト教以外にも。

古代エジプトのピラミッドの底辺部やイスラム教徒のメッカ巡礼で名高いカアバ神殿。
仏教の曼陀羅図も正方形に描かれています。

正方形の作品限定も、聖ピエール教会ならではの意味を持っているのでしょう。

これがきっかけで、派生したことが二つあって。

次の作品「青鷺シリーズ」は、初めて正方形で制作することに。

加えて今回、「アート・サクレ」に出展する4作品は、すべてエディションナンバー「4」で揃えることにしました。

遠きサンリスの大地に、「四つ葉のクローバー」が見つかりますように!

聖ピエール教会の公募展

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_546855647.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_359767563.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_514140171.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2020/02/header20200201074403_405600076.jpg
探し求めれば、出会いがある。
ありました!
ベストマッチの海外公募展が。

その展覧会は「アート・サクレ」フェスティバル。
開催地はパリ近郊のサンリス市にある聖ピエール教会、会期は4月18日から26日まで。

第二回目の今回テーマは「源流への道」とのことで、我が作品イメージにピッタリ。

バイオデザイン工房のコンセプトである「いのちの源流」にも重なり合います。

大自然に抱かれた小さな生き物たち。
すべての「いのち」は、つながっている。
「母なる海」へ、「父なる山」へと。

Tiny creatures embraced by the great nature.
All lives are in linkage to Mother Ocean, to Father Mountain.

教会にて、カワセミ四部作のすべてを展示できるのもナイス。

但し、出展条件は「正方形の作品」のみと書かれており、事務局に問い合わせを。

その結果、「正方形の額縁」を用いてマットで調整すれば、長方形の作品でも大丈夫とお聞きして一安心。

最後のハードルは、フランスの主催ギャラリーによる作品審査。

写真を送り、待つこと数日。

幸いにも審査をパスして、出展が決まったことをご報告します。