空海の生誕地を訪ねて

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_147984109.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_497769009.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_091313621.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191110161232_364373670.jpg
香川県の善通寺は、我が敬愛する弘法大師空海の生誕地。

京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ「弘法大師三大霊跡」のひとつで、四国八十八ヶ所霊場の第七十五番札所です。

善通寺には、東院の「伽藍」と西院の「誕生院」があり、総面積約45,000平方メートルの広さで、見所がいろいろと。

シンボルタワー的な存在は、高さ43mの五重塔。

幾度も自然災害や火災にみまわれ、現在は明治35(1902)年に完成した4代目とのこと。

そばには樹齢1200年を超えるパワースポットの大楠が。

悠久の時間を生きてきた姿から、圧倒的な迫力と神々しさが伝わってきます。

善通寺の御本尊は、金堂の薬師如来坐像。

創建当初は、弘法大師自らが作ったと伝えられる粘土の塑像でしたが、戦火で破損した部分を集め、現在の尊像の胎内仏として祀られているとのこと。

ローソクの揺らめく光の中で、金色に輝く薬師如来の荘厳さに、すっかり魅せられました。

それにしても空海の多彩な才能には驚きます。

仏教だけにとどまらず、哲学・芸術・教育・土木技術等々に卓越した能力を発揮して。

南方熊楠と並び、まさに日本が誇る「本物の天才」でしょう。

四国の旅の締めくくりは、やっぱり本場の「讃岐うどん」。

昼少し前に、常に人気ランキング上位の「山下うどん」へ。

名物の「ぶっかけうどん」に、イカとカボチャの天ぷらを注文。

安くて早くてうまいとの評判に違わず、お薦めできるお店でした。

幸福の黄色いお守り

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_755168553.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_400427203.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_980506731.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191104164301_316348154.jpg
せっかくの四国なので、前から是非行って見たかった場所に。

先ずは、江戸の昔から「こんぴらさん」の愛称で親しまれてきた香川県の金刀比羅宮。

子供の頃、好物だった「きんぴら」と「こんぴら」を混同した思い出が。

ちなみにこの名前の由来は、サンスクリット語の「クンビーラ」(ガンジス川に住むワニが神格化されたもの)とのこと。

参道入口から御本宮まで石段の数は785段もあって、内心では途中で引き返すかもと思いながら出発。

ビルの階段なら24段を一階とすると、33階相当の高さに。

途中途中の平坦な所で一休みしたり、景色を楽しんだりしながら、意外にも楽に登りきれました。

幸いの晴天下、海抜251mの展望台から見渡す讃岐平野の向こうに讃岐富士の姿が。

大物主神と崇徳天皇を祀る御本宮にお参りし、欲しかった「幸福の黄色いお守り」を手に入れて大満足。

健脚の方なら、さらに1,368段まで登った奥宮まで足を伸ばすようですが、時間の関係で一気に下山して。

途中、「かご屋」に運んでもらうお年寄りに出会ったり、境内で唯一営業を許されている「五人百姓」のお店の方からべっこう飴をいただいたり、森の中にある資生堂パーラーの「神椿」を覗いてみたり。

確かに、一生に一度はお参りする価値ありの金刀比羅宮でした。

善通寺と讃岐うどんの話は次回に。

後日談ですが、その後しばらく太腿に張りを感じて。
そうか!足にくるのは「登り」より「下り」なのだと実感した次第です。

「修行が足りぬ」と痛感

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_909172726.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_047137916.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_837128795.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/11/header20191101155327_191127457.jpg
徳島県吉野川で開催中の「アワガミ国際ミニプリント展」に行ってきました。

高松空港からレンタカーで1時間程のドライブで、阿波和紙伝統産業会館に到着。

奈良時代から千三百年続いてきた伝統を継承・啓蒙する場として、館内では手漉き和紙作りの実演も。

先ずはお目当ての入賞・入選作品の展示室を見て回り、「Kingfisher on Lotus」にご対面。

別館の2会場には、1600点の応募全作品が展示されており、興味深く鑑賞させてもらいました。

何と日本からの応募は約半数で、残りは「世界の60カ国」から。

制作技法も木版画、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーン、デジタルプリントまで多種多様。

作家それぞれの個性的な表現で、押し並べてレベルが高いことに驚き。

こんな作品に囲まれて、よくぞ入選できたものだと感じ入り、まだまだ「修行が足りぬ」と痛感した次第。

初めての公募展参加でしたが、貴重な「学びの機会」となりました。

当日の宿泊は、香川県の琴平温泉。

翌日は、江戸の昔から「一生に一度はお参りしたい場所」と言われてきた金刀比羅宮と「弘法大師空海の生誕地」の善通寺へ。
次回のブログで紹介します。