月旅行に誘われたら

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/05/header20190521145347_756340152.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/05/header20190521145347_449904207.jpg
映画ドラえもんの最新作は、「のび太の月面探査記」。

月の裏側に「ウサギ王国」を作るというストーリーですが、中国の嫦娥4号着陸の話題と重なって。

50年前の人類初の着陸以降、月面を歩いた宇宙飛行士は、僅か12人。

月に移住できる日は、かなり遠いようですが、月旅行には現実味が。

いくつかの旅行会社は、既に「ツアー企画」を公表し、募集を準備中。

その一例のクラブツーリズムは、こんなプランを。

月面ホテルに宿泊し、地元食材で作られた「月の名物料理」を楽しんでくださいと。

思い出したのは、映画「オデッセイ」。

火星に置き去りにされたマット・デイモンが、生き残るために栽培したジャガイモのイメージが。

既に予約を受け付けている旅行会社も。

最近、話題になったのは、あのお騒がせ男。

某通販会社の社長が、5年後にアーティストチームを引き連れて、「月旅行」に行くと。

もし誘われたら、どうしましょうか。

答えは即座に、「ノーサンキュー」。

自他とも認める高所恐怖症には、とんでもない話。

この地球上には、まだ行ったことがない「憧れの地」が山ほど。

そんな「お金と時間」があったなら、思う存分「国内外の旅」を楽しみたいので。