天国に一番近いアイドル

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/05/header20190511184931_135065930.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/05/header20190511184931_258071341.jpg
陽気が夏めいてくると、気持はやっぱり沖縄へ。

自然豊かな八重山諸島の「ちゅらさん」の舞台、小浜島。

石垣港から、高速船で25分の距離にある人口僅か700人の小さな島です。

ここに「天国にいちばん近い」と言われるアイドルユニットが。

その名は「KBG84」。平均年齢84歳の「小浜島ばあちゃん合唱団」。

この所、世間を騒がせている新潟の「NGT48」と同じ年、2015年に「Come on and Dance小浜島」でデビュー以来、東京や札幌公演、海外ではシンガポール招待公演も。

そもそもの始まりは、琉球の伝統的な行事、「三月遊び」と言われる「歌と踊りの女子会」から。

何と!入団資格が80歳以上で、それ未満の方は研修生と。

普段は、杖に頼る老女が舞台に立てば、別人のようにノリノリで。

「健康長寿社会の理想モデル」として、BBCやCNNからも絶賛され、幻冬舎から単行本まで。

歌って踊るオバァたちが紡いだ「命の知恵」とは?

とにかく、よく働き、よく笑い、よく食べ、よく感謝すること。

そして、「神様」を大切にし、「自然」を大切にし、「行事」を大切にし、「仲間」を大切にすること。

「人生100年時代」の生き方を、見事に体現する、小さな島の「素敵なオバァたち」。

皆んなの夢は、「紅白歌合戦」に出場すること。

80歳を超えても、目標に向かって精進を積み重ね、「人生の仕事」を楽しんでいる姿が素晴らしい。

KBG 84ファンクラブがあるなら、入りたくなりますね。