新種の名付け親

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/03/header20190329080325_237475960.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/03/header20190329080325_769690434.jpg
お魚に興味がある方にとって、ちょっと面白いニュースが。

かごしま水族館で「オジサンの家系図」が売られており、ヒット商品に。

「オジサン」とは、スズキ目ヒメジ科の魚の名前で、口元のヒゲがおじさんみたいで。

「オジサン家系図」Tシャツの制作者は、与論島に住む若きデザイナー。

脱サラで「与論島に移住」し、この変わった名前の魚を家系図にしてみようと、閃いたそうな。

この変な名前はニックネームと思いきや、正式登録された標準和名。

「オジサンの髭」も、伊達に付けている訳ではなく、砂の中の甲殻類を探して食べるための「センサー機能」と。

残念ながら、「オバサン」という名前の魚はいないとのこと。

家系図の連想から、北の海には「三郎(サブロウ)」、「七郎(シチロウ)等」など、兄弟のような名前も。

平敦盛と一騎討ちした源氏武者「熊谷次郎直実」を由来とする「クマガイウオ」の弟分として名付けられ。

歴史物語の名前ならまだしも、標準和名を「キタマクラ」と名付けられた気の毒な魚が。

この魚を食べると、「北枕にされるぞ!」という意味のようで。

フグ科の猛毒性により、このような不本意な名前を付けられ、忌み嫌われて。

ちなみに、近年は「新種の命名権」が、ネットオークションで買える時代に。

美しい蝶に、「愛する人の名前」をつけて、記念日のプレゼントにするのも、夢ではなさそうな。