男は海人、女は神人

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/03/header20190319071212_766956644.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/03/header20190319071212_270492189.jpg
春は名のみの、風の寒さや。
早くも海開きの沖縄の話題を。

西表島の「ミルク神」、宮古島の「パーントゥ」(祝ユネスコ無形文化遺産)以外にも、沖縄には古くから伝わる「来訪神の祭祀」が。

その中で「特筆すべき儀式」は、600年以上も前から、12年に一度、琉球最高の聖地「久高島」で続けられてきた「イザイホー」。

この島には、「男は海人(うみんちゅ)、女は神人(かみんちゅ)」という言い伝えがあって。

「イザイホー」は、「ニライカナイ」からの来訪神をお迎えして、30歳以上になった女性を、新たに「神人」とする祭祀。

長い間、島外には「非公開の秘祭」でしたが、近年、民俗学者を受け入れたり、記録映像が撮影されるように。

死ぬまでに一度は見てみたいと思っても、残念ながら1978年を最後に、以降3回の儀式が連続して中止に。

久高島の人口は、現在200人にも満たず、「神人の後継者不足」が続いてるそうな。

次回の2026年には、是非とも復活されることを期待。

久高島に限らず、日本全国で「地域の祭り」が存続の危機に。

高齢化、過疎化が進み、神輿の担ぎ手が足りず、外部に手助けを頼んだり。

そう言えば、昨年の「松戸の秋祭り」でも、神輿を担ぐ外国人の姿が。

人間の「暮らしのリズム」には、「ハレ」と「ケ」のバランスが不可欠。

地域の知恵と工夫で、何とか「先祖伝来の祭り」を、守り続けて欲しいものです。