大坂なおみと「天手力男」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190128083819_838031510.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190128083819_703439049.jpg
古墳時代に建てられた湯島天満宮のご本家の神様は、天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)。

並外れた腕力・筋力の持ち主で、「ここ一番の勝運や突破力」の霊験あらたかな「スポーツの神様」。

そう言えば、ももクロには「天手力男」というタイトルの歌が。

印象的に残るフレーズは、「己の敵は、己自身だ」、「いつか己を超えて行け」。

自分自身を閉じ込めている「天の岩戸」をこじ開けて、自らの「内にひそむ光」を引き出そうよと。

まるで、大坂なおみさんに寄り添うサーシャ・バインコーチの言葉のように。

彼女には、数々の名言(なおみ節)がありますが、その中の一つに。

コーチからは、いつもいつも「なおみ、物事をポジティブに捉えるんだ。君ならできる」と。

誰にでもある、心の奥底での葛藤。

若い彼女にとって、「天の岩戸」の扉を開くお助けマン、「天手力男」のような存在は、とても貴重かも。

翌日の記者会見で、ご褒美に何をしたいかと問われ、「カツ丼が食べたい」と。

確か全米優勝の時は、「抹茶アイス」だったような。

うーん。やっぱり「お好みの味」は、ザ・ジャパニーズですね。