「チムドンドン」してますか

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190119134030_483826700.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190119134030_256073326.jpg
我が家では時折、会話の中に「沖縄弁」が飛び交って。

主たる仕入れ先は、家族の好みが合う「琉神マブヤー」から。

誰かが失敗して、慰める時は、「ナンクルナイサー!」。

叱りつける時は、いい加減にしないと「タッピラカスぞ!」。

スカッと晴れた洗濯日和には、「てぃーだかんかん」。

「沖縄の言葉」は、なんとなく温かみがあり、「ホッコリ感」が伝わってくるので。

お気に入りの「沖縄弁」を、もう一つ。

それは、「チムドンドン」。

心臓がドキドキするという意味ですが、様々なバリエーションも。

絵本の「チムドンドンおきなわ」は、親子で沖縄を旅する時に味わう「ウキウキ感」、「ワクワク感」のイメージで。

昨年、公開された沖縄市のPR動画「チムドンドンコザ」は、一見の価値あり。

沖縄文化と外国文化が混じり合った「コザの古い街並み」を背景に、ミュージカル仕立てで。

映画「ウエストサイドストーリー」と重なり合うようにも。

圧巻は、ラストシーンの「エイサー踊り」とのコラボ競演。

この動画では、「胸が高鳴り、心踊る」の意味で使われて。

そう言えば、ここ最近、「高血圧のチムドンドン」はあっても、「高揚感のチムドンドン」には、ご無沙汰かも。

そんな声が、あちらこちらから聞こえてくるような。