銀の龍の背に乗って

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190112094108_863383490.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190112094109_279868609.jpg
昨日のニューヨークタイムスに、こんな記事が。

最後の一匹となったハワイ固有種の「カタツムリ(愛称ジョージ)」が、亡くなったという悲報。

大陸から遠く離れた島嶼には、「希少な固有種」が、未だ生き残っています。

生き物の楽園、琉球列島にも。

不思議なことに、沖縄の固有種には、「どデカイ昆虫」と「チッコイ動物」が。

日本一大きなチョウの「オオゴママダラ」は、幅15cmも。
日本最大のクモ、「オオジョロウグモ」は、脚を含めた全身が20cm超。

超ビッグサイズの蛾、「ヨナグニサン」には、翅の先端に「蛇の頭」のデザインが。
捕食者から、身を守るための「進化の知恵」には、驚くばかり。

チッコイ動物の例は、めでたい干支の「リュウキュウイノシシ」。

体重が、ニホンイノシシの2分の1ほどで、ルックスも可愛いらしく。

「与那国馬」も、体高がサラブレッドの半分とミニサイズ。

その理由は、体温維持と体サイズの相関(ベルクマンの法則)で、説明がつくそうな。

鹿でも、最大は北海道の「エゾシカ」で、最小は慶良間諸島の「ケラマジカ」と。

「ダーウィンが来た」でも紹介された、珊瑚礁の海を泳いで、島渡りする可愛い鹿です。

ちなみに、天然記念物の「与那国馬」は、わずか130頭。

半野生による生存可能数は、「放牧地の面積」に応じた草の量次第。

与那国島と言えば、「Dr.コトー診療所」のロケ地。

中島みゆきさんの主題歌を、懐かしく思い出して。

銀の龍の背に乗って、届けに行こう「命の砂漠」へ。
銀の龍の背に乗って、運んで行こう「雨雲の渦」を。

願わくば、「命の島」に、「慈悲の恵み」が運ばれて。

かけがえのない「いのちの繋がり」が、永らえますように。