「タスキ」と「ゲノム」が描く「脚本なきドラマ」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190102092834_431586131.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2019/01/header20190102092834_723552668.jpg
元日の朝は、お屠蘇とおせち料理をいただきながら、「ニューイヤー駅伝」を観戦。

今年は幸先よく、我が古巣の「旭化成」が、三連覇を達成。

7人が「タスキ」を繋いだ100kmの「残り100m」で、勝負を決めたデッドヒート。

駅伝は、「好きか嫌いか」の好みが、大きく分かれる不思議な競技。

選手が、ただ「走っているだけの競技」を、何時間も見ていて、何が面白いのか?

確かに、その通り。

でも、駅伝には「脚本のないドラマ」があるので。

「好不調の差」によって、見事なゴボウ抜きが。

心の「焦りや動揺」が、オーバーペースによる失速を。

突然の「腹痛や痙攣」のせいで、大ブレーキに。

時には、「不運な接触」による転倒も。

まるで、「人生そのもの」みたいに。

何があっても、必死に走り続け、倒れ込むようにゴールする選手たち。

その「気迫と執念」を、支えているものは何なのか?

「個の自分」を超えて、「タスキ」に託された「仲間の思い」が、背中を押してくれるから。

ご先祖様から、受け継がれてきた「ゲノム」が、代々の「いのち」を繋いでいるかのように。

いかにも、「日本的な情緒」の世界。

そんな世界に共感を覚えながら、「自分の人生」を重ね合わせているのかも。

今日も明日も「箱根駅伝」。

正月三が日は、「脚本のないドラマ」を楽しみましょう。