「リンゴとフクロウ」の素敵な関係

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/12/header20181230092057_717730170.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/12/header20181230092057_354992452.jpg
年末に青森から、嬉しい「リンゴの贈り物」が。

この時期の「蜜入りリンゴ」の味は、格別ですね。

リンゴに限らず、海外に行くたびに、イチゴもメロンもスイカも、日本の果物のありがたみが。

リンゴで思い出すのは、「ダーウィンが来た!」で放映された「救世主はフクロウ!青森リンゴ園」。

津軽平野の農園の悩みは、リンゴの「木の皮や根っこ」を食い荒らすハリネズミ。

あらゆる対策を試みた末に、「野生のフクロウ」に助けを。

リンゴ園に専用巣箱を用意して、子育てしやすい環境に。

「狩の名人」フクロウが、住み着いたリンゴ園では、ネズミの生息数が8割も減少。

「人間と生き物」が、自然な形で協力して暮らし、お互いにハッピーになれる関係。

フクロウに魅せられ、木版画を作ってきた私には、これぞ「理想的な姿」と映りました。

年明けの初詣に、是非行ってみたい所は、「鷲子山上神社」(別名フクロウ神社)。

幸運をもたらす「神の使い」の御利益を期待して。

ここは、県境の真上にある珍しい神社。

茨城出身の家内は「右の参道」から、栃木出身の私は「左の参道」から。

本殿の前で、一緒に参拝するのも楽しそう。