来年の五大ニュース

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/12/header20181229093833_489351805.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/12/header20181229093833_672801072.jpg
来年の話をすると、「鬼が笑う」ようですが、年の瀬なので。

昨日の続きで、「これからのこと」に目を向けて。

10では長過ぎるから、「2019年の5大ニュース」を。

第1位は、皇位継承による「新天皇即位」と祝賀行事(5月)。

新しい元号は、◯◯に決定(◯◯は、自由に想像を)。

10連休のゴールデンウィークを、どう楽しく過ごすか、今から準備しておいた方がよさそう。

第2位は、「消費税増税」による暮らしへの影響(10月)。

駆け込むか買い控えるか、現金払いかカード利用か、店内飲食か持ち帰りか等、それぞれの「知恵と工夫」で節税対策を。

第3位は、アジア初の「ラグビーワールドカップ」で、ベスト◯に(9月〜11月)。

北は札幌から南は熊本・大分まで、全国12都市の会場で試合が。

ニュージーランド代表による「マオリ族のハカ」を観たくて、今からワクワク。

第4位は、大阪で開催される日本初の「G20(主要国首脳会議)」(6月)。

米国対中国の「貿易戦争」が、どう決着するかに、世界中が注目。

舞台は大阪なので、「堪忍な〜、許したって」、「あんじょうよろしゅう」となればいいかも。

第5位は、ローマ法皇が38年ぶりに来日し、広島・長崎を訪問(時期未定)。

フランシスコ法王は、このブログでも紹介した「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、各方面に配布されたとのこと。

被爆地で平和を祈り、世界に「核廃絶のメッセージ」を発信されるお姿が、待ち遠しくて。

番外編で、もう一つ。

いよいよ「ゆいレール」が、浦添まで延伸して開通(来夏)。

地元の方や観光客が、年間2千万人弱も利用する人気のモノレール。

浦添市の「てだこ祭り」も、来年は大いに盛り上がることでしょう。

願わくは、悲惨な自然災害や事件などが、この想定リストに割り込んで来ないことを。

来年は、「平和で穏やかな年」になりますように。