精悍に「踊る姿」に魅せられて

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/12/header20181217120331_877832713.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/12/header20181217120331_592095446.jpg
こうも寒いと、何気に話題は「南の島」へ。

昨週末の土曜日に、興味を惹かれた沖縄のイベントが。

宜野湾市で開かれた「世界エイサー大会」。

真冬でもエイサーかと思いきや、最高気温は25度。

日本各地のチームに加えて、アメリカ、カナダ、ブラジル、インドネシア、中国からも参加。

エイサーの由来は、空也上人、一遍上人の流れをくむ「踊り念仏」。

始まりは、「先祖の霊」を送り迎えするお盆の時期に、歌と囃子で踊りながら練り歩くことから。

さすが沖縄。
時代とともに、様々な「チャンプルー」が。

勇壮な太鼓芸能を混ぜ込み、海の彼方の「ニライカナイ」から訪れる「来訪神(マレビト)信仰」を組み入れたりも。

エイサーの踊り手の中には、道化役の「チョンダラー」が。

演舞のコンダクターから、交通整理、汗拭きの世話まで、パフォーマンスを盛り上げるための重要な役割。

以前のブログにも書いた「沖縄の来訪神」、ミルク神(弥勒)のようなイメージが。

そう言えば、宮古島の「まもる君」にも似てるかも。

ちなみに、「チョンダラー」の名前は、「京太郎」が訛ったとのこと。

全国の京太郎さんが知ったら、気持はいささか複雑でしょうか。

沖縄では、運動会の種目や授業の一部にエイサーが。

浅黒い肌に彫りの深い顔立ち、引き締まった筋肉で「精悍に踊る姿」は、子供たちの憧れの的。

沖縄に生まれ育ったら、きっと巧みな踊り手になって、「モテてみたい」と思うでしょう。