一番大切なことは目に見えない

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/10/header20181029083733_520729783.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/10/header20181029083733_029558497.jpg
「道の辺の 尾花が下の 思ひ草 今さらさらに 何をか思わむ」
(万葉集 詠み人知らず)

風に揺れるススキの野原を歩きながら、「見つからない答」を探してみるのも、秋ならでは楽しみです。

目下の関心事は、「創作活動」。
「自然と生き物」を描く木版画ですが、主題は「その繋がり」。
自然界の「全体調和」の中で、空や海や山も、樹木や草花も、虫や鳥や魚も生かされています。

そう思い始めると、迷い道に。
「目に見えないもの」を「目に見える作品」にしようとする試みか?
「作り手の想い」(世界観)を、カタチとイロで表現するなんて、到底無理でしょう。

写真家の方々なら、分かってもらえるかも。
美しい風景を切り取った写真。
同じ被写体であれば、誰が撮っても一緒でしょうか。
きっと違うはず。
撮影者それぞれに、「写真に込めた想い」があるから。

「星の王子さま」のフレーズに、「一番大切なことは、目に見えない」。

言葉も同じでしょう。
「心に生じた想い」を、言葉で表現することは、至難の技。
例えば、深い感動。
言葉にすればするほど、「言葉の限界」に。
おそらくブログを書かれる方々は、その「歯痒さ」を感じておられるのでは。

世の中はほとんどが、「目にも見えず」、「言葉にもできない」ことで、成り立っています。

金子みすゞさんの「星とタンポポ」に。
「見えぬけれどあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ」。

「ある」のだから探し続ける。
それが生きるということでしょうか。