未知なるワンダーランド

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/10/header20181014084513_241410887.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/10/header20181014084513_047070646.jpg
朝方は「雨の日曜日」。
外の気温は14度。
冷涼な空気を感じると、また南の島が恋しくなります。

歌人、詩人の話の流れから、ふと思い出した方。
あの震災時、仙台から石垣島に移り住んだ俵万智さんは、どうされているのか。
調べてみると、若山牧水の故郷、宮崎に再移住したとのこと。

その理由は分かりませんが、ご子息ももう中学生。
教育環境を考えた故の「孟母三遷」かも。
「流浪の旅人」だった西行や山頭火のように、どこに住もうと歌は詠めるからでしょうか。

俵万智さんの子育て短歌から、

たんぽぽの 綿毛を吹いて 見せてやる いつかお前も 飛んでいくから
(「たんぽぽの日々」)

子は眠る カンムリワシを 見たことを 今日一日の 勲章として
(「ありがとうのかんづめ」)

子供を育てる「母の眼差し」。
男には、未知なるワンダーランド。
ついでに、その凄みに圧倒された短歌を。
再び、河野裕子さん。

いちばんの大切は いまの時間 卵抱く鶏が うっとりと眼を閉づ

子がわれか われが子なのか わからぬまで 子を抱き湯に入り 子を抱き眠る

嗚呼、母は偉大なり。感謝!