選んだのは極楽鳥花

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/09/header20180921223806_932666735.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/09/header20180921223806_414477828.jpg
ただ今、カワセミシリーズ第2作を制作中。
タイトルは「Halcyon in Moonlight」、副題を「月華の調べ」と名付けました。

主役のカワセミと脇役の満月。両者と協奏する「海辺の花」は、何がいいでしょうか。

トロピカル風ということでハイビスカスやプルメリアも魅力的でしたが、本作品で選んだのは極楽鳥花。
学名のストレリチアの方が、日本では馴染みがあるかもしれません。

鳥のトサカやクチバシを連想させるユニークな形。花弁のブルーとガクのオレンジがカワセミと共通する鮮やかな色彩。
英名の「Bird of Paradise」も素敵です。
ということで原画が出来上がり、彫りの工程に。

一作ごとに新たなトライアルを重ねます。本作品からは「和紙へのこだわり」。
和紙の産地としてよく知られた越前、土佐、美濃等々。どれが作風に合うか、いろいろと試してみます。