読谷村の魅力

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/08/header20180818081207_535316860.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/08/header20180818081207_775196679.jpg
旅の行動範囲は天候次第。
昨日は読谷村までドライブを。
海風に揺れる「ざわわざわわ」のサトウキビ畑の風景に癒されます。

読谷村は本島で最も好きなエリア。家内は、ここに来ると「寿命が伸びる気」がするとまで言います。
ゆったりとした時間の流れ、ほのぼのとした空気に包まれると、そんな感覚が生まれるのでしょうか。

ランチは「金月(キンチチ)そば」に。昼前から行列ができる程の人気店です。
伝統的な沖縄そばに新しい工夫を加えて、「次世代の沖縄そば」を探求し続けているとのこと。
坦々そば、ゆし豆腐そば等のオリジナルなチャレンジ。
「料理は創造」なので、美味しさを探し求めるアートのようです。

ガーラ青い海のソフトクリーム、むら咲むらサーキットのゴーカート、座喜味城跡、やちむんの里等、読谷村の定番コースを辿って帰路に。
沖縄らしい明るい陽射しも戻ってきたので、夕方はホテルのプールサイドでのんびりしました。