最も興味深かった競技

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/02/header20180227200524_812333784.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/02/header20180227200524_064796625.jpg
平昌オリンピックで最も興味を惹かれた競技は、パシュート。
女子チームは、体格もパワーも圧倒的に優れたオランダチームに快勝。
結弦君、奈緒さんに続く、3つ目の金メダルです。

氷上の三人が、「一心同体」となって一糸乱れず滑る姿。
年に300日も一緒に過ごし、チームワークを育んできた仲間だから、できることなのでしょう。
韓国チームの不協和音とは、好対照に美しく輝いていました。

彼女たちの「強さの秘密」については、こう解説されています。
パシュートは「空気抵抗」との戦い。
安定した低重心と滑り方のリズム、隊列の組み方と先頭の交代方法等に、独自の科学的アプローチ。
その結果、最も消耗ロスが少ない最適な方法を習得したと。

その通りだと思います。
でも「物理的な視点」に加えて、もうひとつ「別の要素」もあるようです。
「1+1+1」が3より大きくなる「創発現象」。
全体は、「部分の総和」を上回ることがあります。

「人間の世界」は、単なる「物の組み合わせ」や「数の計算」では測り切れない「複雑系システム」で動いています。
生命現象や経済理論、組織論や情報工学等で応用が期待されている理論です。

美帆さん、菜那さん、綾乃さん、彩花さんの四人チーム。
完全に目的共有する彼女たちには、「個の現有能力」をより高みに導く「相互刺激」と「相乗作用」が働いたようです。
「1+1+1」を、4にも5にもしてくれた仲間たち。
「この優勝はチーム全員の力なしでは、成し遂げることができなかった」。
美帆さんが伝えたかった気持が、よく分かります。