物質科学は「世界の半分」

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/02/header20180204084152_651370838.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/02/header20180204084152_774423573.jpg
約7割の方が、「デジャヴ(既視感)」らしき体験をお持ちとのこと。
そのような感覚が生まれる理由については、様々な仮説があります。

ザ正統派の脳科学者利根川進さんは、「デジャヴは記憶障害であり、脳がきわめて似ている2つの状況を、上手く区別できなかった時に起こる」と。
ぶっ飛んでる量子物理学者のミチオ・カクさんは、「異なる宇宙からの転移、あるいは(波動)の同調と関係あるかもしれない」と、自説の「パラレルワールド理論」との関連性を示唆。

仏教的な見方では、「輪廻転生による魂の記憶」、「前世の記憶」という解釈も。
さらにスピリチュアルな視点からは、「異次元の存在からのメッセージ」とまで‥‥。

いずれの見解も、科学的に証明されておらず、真実は闇の中。
世の中は、「実験できないこと」や「数値化になじまないこと」だらけです。
科学万能主義は、それを真実とは認めません。

「記憶はどこにあるのか」。
シナプスか、細胞か、臓器か、生体システムか、集合的無意識か‥‥。科学は未だ証明できていません。
そうであるなら、自分が「信じること」、自分の「好みに合うこと」を、正しいと考えればいいでしょう。

一つだけ言えるのは、「生命体は機械ではないこと」。だから、物質科学は「世界の半分」しか見てません。
私は「祖先の記憶」は、後世に引き継がれると信じています。
証明はできなくとも、「己の直感」に従うことが、「私の好み」に合うのです。