朝は「富士山」、夜は「流れ星」に

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/01/header20180102122617_584657861.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2018/01/header20180102122617_627805468.jpg
元旦の夜は、どんな夢を見ましたか。棚ボタでいただいた「一ノ蔵大吟醸」のおかげで爆睡した私は、夢の代わりに「早朝の富士山」を拝みました。130kmも離れていますが、晴れた朝には江戸川堤防から美しい富士山が見えます。

「一富士二鷹三茄子」の由来は諸説ありますが、富士は平穏「無事」に、鷹は「高き」を目指して、茄子は事を「成す」が、ピッタリきます。

今年の三が日は、夜も楽しみなイベントが続きます。普段の満月より直径が14%も大きく、30%も明るいスーパームーンが、ひときわ美しく夜空を照らしてくれます。

深夜から夜明け前には、三大流星群のひとつ、「しぶんぎ座流星群」が現れます。新年の幕開けにふさわしい縁起ものとして、「流れ星に願い」をかけてみてはいかがでしょうか。

明け方に東南の夜空を見上げると、木星がキラキラと輝いています。木星といえば「Jupiter」。ホルストの名曲に日本語の歌詞を乗せた平原綾香さんのヒット曲を思い出します。中越地震や東日本大震災の折には、被災された方々に再び立ち上がる「勇気と感動」をもたらしてくれました。

Every day I listen to my heart.
ひとりじゃない
この宇宙の御胸に抱かれて

今年一年、世界中の人々にとって平穏無事な年になりますように!