便利は人を幸せにするか?

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2017/12/header20171231071423_217077934.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2017/12/header20171231071423_996711870.jpg
今日は大晦日。この1年はどのような年だったでしょうか。世の中を見れば、明るい出来事も暗いニュースもありました。今年の漢字は「北」ですが、私が選ぶなら「平」。幸いにも平常、平安、平穏な1年を送ることができました。

それにしても「便利な世の中」になりましたね。スマホがあれば、手帳も地図も辞書もいらず、カメラも時計も電卓も持ち歩く必要がないとは‥‥。さらにAIスピーカーも登場し、話しかけるだけで用が足りる時代がきたようです。

ずっと疑問に思ってきたことがあります。人間はどこまで便利になれば、気が済むのか。便利はやがて当たり前になり、もっと便利を求める「欲望のスパイラル」は、際限なく続くのか。便利がもたらす効用は、「人間の幸福感」を高めるのに役立っているのか。

我が身を振り返れば、読めても書けない漢字が増え、顔を合わさずメールで交流し、書評を読めば本は買わず、行きたい場所も写真で済まし、足を運ばずネットで買い物等々、「安易な手抜き世界」を漂流しているような気がします。

ある方のぼやきを思い出します。「便利になったら、節約した時間と手間を、本来やりたかったことに使えるはずなのに。かえって毎日が忙しく慌しくて、ゆっくり考えてる余裕などありゃしない」と‥‥。

私が木版画作りを心地よく感じる理由は、便利に流されることに抗って、「自分を取り戻せる」ように思えるからかもしれません。
超アナログで原画を描き、ミリ単位以下の緻密さで版木を彫り、絵の具の繊細な調合で色を決め、微妙な力加減で和紙に摺り込む作業プロセス。失敗したら、また一から彫り直し、摺り直しを納得できるまで繰り返します。
不便で非効率で手間がかかりますが、それもまた楽しいと思える「至福の時間」です。