ニョロニョロ系の好き嫌い?

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/11/header20170227172442_874038580.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/11/header20170306075117_318426498.jpg
前回のウミヘビを受けて、ニョロニョロ系の話題を続けよう。海外でボートに乗り合わせた欧米人ダイバーと一緒に潜ることがある。そのような場合、現地ガイドがしきりに見せたがる魚種がウツボだ。どうやら欧米人にはウツボ好きが多いらしい。ウツボには申し訳ないが、日本人ダイバーにはあまり人気がない。見ての通り、爬虫類のような体色とヌルヌル感、顎まで裂けた口と鋭く尖った歯、岩穴に身を隠し獲物を待つ鈍重な動き等、チャームポイントが見当たらない。ウツボは「海のギャング」とも呼ばれ、魚類、甲殻類、頭足類等を獰猛な口で捕食する。顎の構造がエイリアン風で、噛み付いた獲物を食道に引き込むための「咽頭顎」(口の奥にあるもう一つの口)を持つ。もしも指を噛まれたら、慌てて引くと食いちぎられるので、奥に押し込む方が助かると言われている。
欧米人に向かって「そんなウツボの何処が?」と言ったら、大いに反論されそうだ。ウツボはウナギ目に属し、日本人が大好きなウナギやアナゴ、ハモの仲間だ。単に美味しい魚は好きで、不味ければ嫌いと言うことか‥‥。確かに同じニョロニョロ系でも、ウナギやアナゴ、ハモを悪く言う日本人はいない。ディベートが劣勢な時は、話の土俵を変えるしかない。同じウツボの中でも、美しい色合いや愛敬ある顔立ちで好かれているハナヒゲウツボもいる。英名ではRibbon eelと呼ばれ、雄性先熟型で性転換する。成長に応じて体色が3つのカラーに変化する所も面白い。黒色の幼魚が成魚になると鮮やかな蛍光ブルーに、メスに転換した後には黄色に変貌する。
アナゴが好物の日本人は多いが、ウナギ目アナゴ科に属するチンアナゴはご存知だろうか。珊瑚礁近くの砂底の穴に生息し、上半身だけ海中に出して動物プランクトンを捕食する。多数のチンアナゴが群生する海底の光景は、まるで風に揺れるススキ林のように壮観だ。英名はSpotted garden eelだが、和名は顔付きが日本犬の狆に似てることから名付けられた。アナゴのように天婦羅や寿司ネタにして美味しいかどうかは知らない。
ニョロニョロ系の好き嫌いから飛躍するが、「怪獣の好み」もお国柄によって異なるようだ。 日本人が好きなゴジラやモスラやガメラ、ウルトラマンシリーズのバルタン星人やカネゴンと較べて、欧米人が好きなキングコングやクラーケン、エイリアン等は、どこか趣きを異にする。その違いが何に由来するのか考えてみるのも面白い。