変装名人による驚きの七変化

http://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/10/header20170228071612_479415893.jpghttp://www.biodesign-japan.com/wp-content/uploads/sites/1887/2014/10/header20170306080612_052965279.jpg
海の中にはまだまだ凄い変装の名人がいる。色も形もサンゴの枝に同化するピグミーシーホースは、およそ魚とは思えない風貌だが、ヨウジウオ科タツノオトシゴの仲間だ。陸上にも美しいランの花に変装して虫を待ち受けるハナカマキリがいるが、ピグミーシーホースはサンゴに近づいてきた小型甲殻類や動物性プランクトンを捕食する。タツノオトシゴ属の特徴は、オスが腹部の育児嚢で子育てすることだ。メスが育児嚢の中に産卵した後、受精から孵化、さらに稚魚が独り立ちするまでオスの仕事が続く。いわば妊娠と出産の役割をオスが担うということだ。もしも人間社会も同様の役割分担であったならば、もっと平和な世界になれるかも知れない。
次に頭足類のイカとタコの巧みな変装スキルを紹介しよう。「海のカメレオン」とも言われるコウイカはその代表だ。無脊椎動物の中で最も高い知能を持つと言われるコウイカは、周りの環境に応じて素早く体色を変化させることができる。皮膚由来で発達した高性能の眼から入った情報が皮膚の色素細胞に伝達され、変幻自在にコスチュームを変えてしまう。サンゴを見ればサンゴそっくりに、海藻に近づけば海藻に見間違うような突起物まで出せる。コウイカの仲間で最もサイズが大きいコブシメの体色コントロールはユニークだ。恋の季節を迎えたオスは、メスに寄り添う体側の色とライバルのオスを斥ける体側の色を使い分ける。メス側は求婚色にオス側は威嚇色に、その器用さには感心する。
変装名人の真打ちは、通称ゼブラオクトパス(別名ミミックオクトパス)だろう。主にインドネシア海域に生息する黒と白の縞模様の体表を持つタコだ。達人芸は「形態模写」でウミヘビ、ヒトデ、ウミウシ、イソギンチャク等々、多種多様な生き物に擬態する。写真はカレイの姿を真似たものだが、七変化どころか40種類にも及ぶ豊富な変装バリエーションを持っているらしい。単なる本能行動の次元を超えた高度な認識・記憶能力を保有しているのかも知れない。瓶のフタを開けたり、道具を使うタコも発見されており、イカとタコの潜在能力は底知れない。そういえば2億年後の地球の支配者は、高度な知性を持ったイカの子孫という生物学者の未来レポートもあった。